ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

日本一「ETC割引率」が高い高速道路はどこだ?

高速道路にはさまざまなETC割引が用意されていて、その代表的なものが30%オフのETC休日割引・ETC深夜割引でしょう。ところが、それ以外にも特別な条件が揃うとよりETC利用で割安になる路線があり、割引率80%を超える路線もあるのです。全国でもっともETC割引率が高い路線はどこにあるのでしょうか。


日本一「ETC割引率」が高い高速道路はどこだ?

ETC割引率が高い関門橋は55%オフ

高速道路の通行料金がETC割引になるサービスには、全国的に適用されるものと、特定路線で行われているものの2種類があります。法人向けの大口割引を除くと、全国対象のものは「ETC休日割引・ETC深夜割引・ETC平日朝夕割・ETCマイレージ」の4種類です。

一方、特定路線を対象としたETC割引も全国各地で実施されていて、全国対象のETC割引より割引率が高いケースも出てきます。なお、料金・割引率はすべて普通車のもので、ETCマイレージは10%還元としての計算です。

まず、距離あたりの料金が高い「特別区間」と呼ばれる6路線は、ETC利用でその他路線(普通区間)と同じになる割引が行われています。なかでも割引率が高いのは関門橋で、下関IC~門司港ICは通常料金370円のところETC利用で280円。ETC平日朝夕割・ETCマイレージを両方組み合わせた割引率は約55.6%です。

ETC割引率77%の東京湾アクアライン

ある特定路線についてETC限定の割引料金が設定されているケースもあります。割引率が50%を超えるのが本四高速各路線。橋の部分の距離が長いほど割引率が高く、最高は垂水JCT~淡路ICで、通常料金2410円に対しETC休日料金は910円。ETCマイレージの割引を加えると割引率は約65.8%です。

東京湾アクアラインのETC割引もよく知られています。浮島JCT~木更津金田ICまでが通常3160円のところが800円です。アクアラインはETC休日割引・ETC深夜割引は対象外ですが、ETCマイレージのポイントが付きます。そこで、10%還元を考慮した割引率は約77.0%となります。

このほか、利用方法によって現金料金とETC料金に差が出る可能性が高い路線が関東・関西にいくつか存在します。それは「ETC利用は距離別・現金は利用可能な最大料金」という仕組みの路線です。


日本一高いETC割引率は80%を超える

関西のNEXCO路線でもっとも現金とETCで差が付くのが、第二神明道路の須磨IC→名谷ICで、現金料金410円に対してETC料金は110円。割引率は約73.2%です。さらにETC休日割引などが加わればアクアラインを上回りそうですが、残念ながら第二神明道路はETCマイレージも含めすべて対象外です。

そして、第二神明道路と同じく他のETC割引対象外であるものの、現金料金が非常に高く設定されているのが首都高速と阪神高速で、短距離を走る場合、ETCが下限料金の300円なのに対し、現金は上限料金の1320円かかります。割引率にすると約77.2%で、東京湾アクアラインをわずかに上回るのです。

しかし、実は日本一ETC割引率が高い路線はほかにあります。それは東京外環道を和光IC→和光北ICのように長距離区間側へ短距離走行するパターンです。この場合、深夜割引のETC料金が190円に対し、現金料金は上限料金の1040円。さらにETCマイレージ対象なので、割引率は約83.3%となるのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事