ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

往復だけ元が取れるGoTo対象ETC乗り放題プラン

GoToトラベルの対象となるETC乗り放題プランには、北は北海道から南は九州まで、全国各地に周遊エリアが設定されています。なかでもおトク度が高いのが、四国地方の高速道路全線に本四高速路線を組み合わせたETC乗り放題プランです。通常であればETCを利用しても料金が高い本四高速を、格安でドライブできます。


往復だけ元が取れるGoTo対象ETC乗り放題プラン

ホテル予約後にETC乗り放題プラン購入

NEXCO西日本は、普通車・軽自動車向けのETC乗り放題プラン「西日本観光周遊ドライブパス」を発売中です。西日本観光周遊ドライブパスには、GoToトラベル対象の13プランと非対象の12プランがありますが、各12プランは周遊エリアがGoToトラベル対象かどうかに関わらず同じです。

一方、GoToトラベル対象プランのみ追加されているのが「四国乗り放題プラン(JB本四高速セットプラン)」です。このプランは、四国内のNEXCO西日本路線と本四高速3路線がETC乗り放題となるもので、プラン料金は2日間用が9800円、3日間用が1万400円となっています。

このプラン料金から、GoToトラベルを利用することにより35%が割引される仕組みで、実際に支払う金額は2日間用で6370円、3日間用で6760円です。GoToトラベルの条件は、対象のホテル・旅館に直接予約を行ったあと、GoToトラベル登録用サイト「STAYNAVI」へ予約情報を登録することです。

往復でETC乗り放題プランの元を取る

STAYNAVIでホテル・旅館の予約情報を登録すると、NEXCO各社の高速道路乗り放題プランの購入リンクが現れるので、そこからNEXCO西日本のものをクリック。表示された各プランのなかから「四国乗り放題プラン(JB本四高速セットプラン)」を選んで購入すれば手続きは完了です。

本四高速は海上橋部分の1kmあたり通行料金が高く、神戸淡路鳴門自動車道であれば神戸西IC~鳴門ICの片道で普通車3340円となっています。そこで、「四国乗り放題プラン(JB本四高速セットプラン)」の2日間用であれば、単純往復するだけでプラン料金分の元がとれてしまいます。

当然ながら、四国内を高速道路で走行すればさらにおトク度がアップ。例えば、神戸西IC~松山ICを往復した場合は通常は普通車2万1020円のところが「四国乗り放題プラン(JB本四高速セットプラン)」の3日用では6760円で済み、約1万4000円も割安です。

さらに、GoToトラベルの地域共通クーポンは割引前のプラン料金を元に計算。そこで、普通車3日用プランと1万円のホテル宿泊を組みあわせた場合、4000円分の地域共通クーポンが入手可能です。

■「ETC」おすすめ記事
ETC割引もすぐわかる「ドラぷらアプリ」が便利
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
ETCマイレージサービスはカーシェアで使える?
深夜のサービスエリア「ETC割引」で激混み状態
ETCで利用すると割引率の高い高速道路ベスト5
首都高でETC休日割引を受ける唯一の方法とは?
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由
ETC料金所の設置費用は1レーンいくらかかるか?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事