ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路でデビットカードが使えない意外な理由

いまや高速道路はETCで走行するのが一般的になりましたが、現金やクレジットカードなども利用可能。料金面でお得にはなりませんが、ETCなしでも走行自体はできます。ところが、街中でクレジットカードとほぼ同じように使える「デビットカード」では高速料金を支払えません。いったいなぜデビットカードが使えないのでしょうか。


高速道路でデビットカードが使えない意外な理由

高速道路はデビットカード支払い不可

「デビットカード」は銀行口座と紐付けして発行され、ショッピングをはじめとした利用代金はその場で銀行口座から引き落とされる仕組みです。とくに、VISA・MasterCard・JCBといったクレジットカードの国際ブランドと提携する「ブランドデビットカード」は、クレジットカード同様に使えて便利です。

ところが、ブランドデビットカードで支払いが行えない加盟店も一部あり、その代表的なものが高速道路の通行料金になります。これは、高速道路でクレジットカードを利用する際には、「オフライン決済」という、今ではあまり使われなくなった決済方法が使われているためです。

オフライン決済では、カード認証などはその場で行わず、後日まとめてカード会社へ代金請求が届く仕組み。高速道路の通行料金のほか一部のガソリンスタンドや航空便の機内販売で使われています。

高速道路にデビットカードETCカード

NEXCO東日本のWebサイトには「クレジットカード会社へは、月に4回程度(概ね1週間に1回)走行データを送付しています」という記載があります。この場合、デビットカードの事実上の保証金にあたる銀行口座が参照できないため、カード会社が信用を与えるクレジットカードと同様には使えないのです。

しかし、実は高速道路の通行料金支払いに利用できるデビットカードも過去には存在し、JCBブランドの楽天銀行デビットカードで支払えた時期もありました。ところが、2018年1月から楽天銀行デビットカードでの通行料金支払いが行えなくなり、現在は国内に通行料金を支払えるデビットカードはありません。

このように、デビットカードで直接通行料金を支払うことは無理ですが、北國銀行が発行する「北國VISAデビット」はETCカードの発行に対応。ETCカードを利用することにより、デビットカードと同様に銀行引き落としで通行料金が支払えます。

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事