ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaにデビットカードでチャージする方法とは

首都圏で使われている交通系ICカードの「Suica」「PASMO」には、スマホ内蔵タイプが用意されていて、クレジットカードを使いどこでもチャージすることができます。しかし、デビットカードをメインに使う人の場合、アプリ上に登録できずに不便。このような場合、どのようにすればデビットカードでチャージできるのでしょう。


Suicaにデビットカードでチャージする方法とは

Suicaアプリはデビットカード保証外

スマホで交通系ICカードを利用するサービスは、現在SuicaとPASMOが行っています。iPhone、AndroidともにSuicaアプリをインストールして、アプリに登録したクレジットカードを利用してチャージを行うというのが基本的な流れです。

カード式Suicaが自動券売機でチャージを行う必要があるのと比べ、スマホ内蔵Suicaの場合は携帯電話の電波が届く場所であればどこでもチャージが行える点が大きなメリット。しかし、クレジットカードを登録しない状態では自動券売機で現金チャージを行う必要があり、スマホ利用のメリットが薄れてしまいます。

一方で、何らかの事情でクレジットカードを作れない人でも、銀行口座から直接引き落とされるデビットカードならクレジットカードブランドのVisaのデビットカードを発行できるといったケースも少なくありません。

ところが、Suica・PASMOともにこれらデビットカードのアプリへの登録・利用については利用保証外としています。

Suicaアプリ外でデビットカード登録

それでは、デビットカードを利用して確実にSuicaやPASMOへチャージする方法はないのでしょうか。実は、iPhoneであればApple Pay、Android各機種であればGoogle Payへ利用したいデビットカードを登録すれば、Suicaアプリを利用せずにデビットカードからチャージ可能となるのです。

ただし、Android端末でPASMOを利用する場合は、Google Payからのチャージに対応していないためデビットカードでの利用はできません。また、iPhoneでApple Payを利用する場合については、Apple Pay自体がVISAブランドのカードでチャージできない仕組みのため、デビットカードも同様の扱いとなります。

国内銀行が発行しているデビットカードの多くはVISAブランドとなるため、Apple Payでの利用では不利。大手銀行ではみずほ銀行のデビットカードがJCB、ネット銀行では楽天銀行がJCB・MasterCardを選択可能なので、デビットカードでSuicaを利用したい場合はこれら銀行に口座開設をする必要があります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事