ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路を実質51%割引で走行するテクニック

高速道路を0~4時の時間帯や土日祝に走行すると高速料金が30%割引となるありがたいサービスが「ETC深夜割引」「ETC休日割引」です。とはいえ、ただ漫然と高速を走っていてもETC割引の恩恵はフルには受けることはできません。ETC休日割引とETC深夜割引の恩恵を最大限、享受する方法を紹介しましょう。


高速道路を実質51%割引で走行するテクニック

長距離割引とETC割引で実質51%割引

もともとNEXCO3社の高速道路にはETC利用でなくても長距離を走行すると、料金が割引される長距離割引の仕組みがあります。100~200kmの部分については25%割引、200kmを超える分は30%割引になっているのです。

そして「ETC深夜割引」「ETC休日割引」は、長距離割引された料金からさらに30%割引となるサービス。つまり、200kmを超える分はETC深夜割引・ETC休日割引によって実質的には51%割引ということ。距離あたりの料金が半額以下です。

このため、ドライブで通行料金を節約するなら、できるだけ高速道路を降りないで走行した方が有利。ETC深夜割引・ETC休日割引を最大化するには「高速をなるべく降りずに走行する」ことが大切なのでした。

ETC割引の時刻判定すべて通しで行う

ただし、NEXCO3社路線のなかには距離制でなく、料金表に基づいて通行料金を決めている路線も存在。こうした路線を通過した場合、その部分の通行料金は料金表に書かれたものになります。

そして、山陽道の一部ともいえる広島岩国道路の廿日市JCT~大竹ICなど、距離制路線に挟まれている料金表方式の区間は要注意です。こうした場合、基本的に距離制区間についてはすべての距離を合計して計算。そこに、料金表方式の金額を足したものが通行料金となります。

長距離割引もそうですが、ETC深夜割引・ETC休日割引の時刻判定もすべて通しで行うため、別料金だからといったん降りてしまうと損する可能性大です。ただし、料金上で連続扱いにならない路線が全国各地に存在します。外環道・名古屋第二環状道・近畿道・阪和道(松原JCT~岸和田和泉IC)をまたいで走行するパターンなどです。

■「ETC」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事