ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

復活したアイワが送り出したラジオ第1弾の中身

2017年に復活の狼煙を上げたアイワが送り出したラジオの第1弾「AR-MDS25」は、なんとBCLラジオ。AR-MDS25の外見は、TECSUNの中華ラジオ「PL-398MP」にソックリで、ボディを開くと基板には「PL-398MP」の文字を発見。OEM供給は間違いありません。アイワのBCLラジオの性能を見ていきましょう。


復活したアイワが送り出したラジオ第1弾の中身

アイワのBCLラジオはAM感度が高い

アイワのBCLラジオ「AR-MDS25」を実際に使用した印象としては、AM波の感度は高く、バーアンテナの切れ味もしっかりしています。DSP搭載だけあって、PCなどが出すパルス性のノイズに対する耐性など、基本性能が高いのが特徴です。

FM波の感度も十分で、FM波受信時に避けては通れない、ホワイトノイズの処理がうまく行われている印象を受けました。FM波は、ある程度電波が弱くなると、「サー」というノイズが発生します。これがとても少ないのです。

ノイズが気になる場合は、本体パネルにある「FMステレオ」ボタンでステレオとモノラルを切り替えれば、ノイズを低減できます。なお、本体のディスプレイのサイズは49W×21Hmmです。

FM波で音楽番組を聞くのにも十分

音質はさすがDSPと思える、クリアでにごりの無い音。スピーカーは5.7cm×2と小さめなこともあって、低音こそ控えめですが、レンジが狭いと感じるほどではありません。これなら、FM波で音楽番組を聞くのにも十分対応できます。

「AR-MDS25」の受信周波数はAMラジオ放送520~1710kHz(1/9kHzステップ)/FMラジオ放送64.0~108.0MHz(0.01/0.1MHzステップ)/長波放送153~513kHz(1/9kHzステップ)/短波放送2300~21950kHz(1/5kHzステップ)です。

サイズ/重さは187W×90H×30Dmm/355gとなっています。ロッドアンテナは全長89cmの7段式。電源は単3形乾電池×3本、USB5Vです。主な付属品は、USBケーブル、ステレオイヤホンとなっています。製造国は中国。実勢価格は13,500円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事