ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイワのBCLラジオは「AR-MD20」がコスパで買い

アイワの新生を飾った2機種のBCLラジオが、シンプルな「AR-MD20」と多機能の「AR-MDS25」です。いずれもワンチップICによるDSP(デジタル信号処理)を採用した、長波(LW)/中波(MW)/短波(SW)/FM帯が受信できるオールウェーブBCLラジオです。BCL受信の視線でどちらが買いなのかを見ていきましょう。


アイワのBCLラジオは「AR-MD20」がコスパで買い

AR-MD20とAR-MDS25の受信性能は同じ

AR-MDS25はボディが横長なだけあり、AR-MD20よりも6割ほど長いロッドアンテナを装備しています。短波帯とFM帯の受信には有利です。長波帯と中波帯は内蔵されたバーアンテナで作動しますが、両機の受信感度にさほどの差は感じられませんでした。

両機の左側面には、短波帯とFM帯用の3.5mm外部アンテナ端子を備えます。ただし、感度切り替え機能が無いので、短波帯受信にWellbrook「ALA-1530」などの高利得なアクティブ型アンテナを接続すると、混変調を起こして、案の定ノックアウト状態(使用不能)となってしまいました。

AR-MD20とAR-MDS25の基本的な受信性能は同じです。外部アンテナを接続すれば、初級BCL用には充分な機能を発揮しますし、音量・音質ともパーソナルなBCL用途には合格と評価できます。どちらを入手してもBCLを楽しめるでしょう。

コスパに優れたAR-MD20が“買い”

しかし、AR-MDS25の実勢価格13,000円には割高感があります。AR-MDS25だけに搭載された特殊な機能が、AR-MD20の実勢価格7,300円との差額5,700円に見合っているのかという疑問です。

FMステレオ放送をスピーカーで楽しむには音質・音量が不足しています。そしてMP3プレーヤーやアンプとしての機能が不十分な上、そもそもBCLには必要な機能ではありません。これらの機能を盛り込み過ぎたためか、BCLラジオとしての操作性も良好とはいえないのです。

AR-MD20はBCLを始める人はもちろん、ベテランBCLの予備機に適しています。コンパクトなので携帯に便利な点も見逃せません。旅行や移動受信にも気軽に持ち出せるからです。両機の対決では、シンプルな機能と操作性を持ち合わせた、コスパに優れたAR-MD20を“買い”にしました。(文/赤林隆仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。