ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AR-MD20はコスパに優れるアイワのBCLラジオ

アイワの新生を飾った2機種のBCLラジオが、シンプルな「AR-MD20」と多機能の「AR-MDS25」です。いずれもワンチップICによるDSP(デジタル信号処理)を採用した、長波(LW)/中波(MW)/短波(SW)/FM帯が受信できるオールウェーブBCLラジオです。BCL受信の視線でAR-MD20とAR-MDS25どちらが買いなのかを見ていきましょう。


アイワのBCLラジオは「AR-MD20」がコスパで買い


AR-MD20とAR-MDS25に外部アンテナ端子

AR-MDS25はボディが横長なだけあり、AR-MD20よりも6割ほど長いロッドアンテナを装備しています。AR-MD20よりAR-MDS25の方が、短波帯とFM帯の受信には有利です。長波帯と中波帯は内蔵されたバーアンテナで作動しますが、AR-MD20とAR-MDS25両機の受信感度にさほどの差は感じられませんでした。

AR-MD20とAR-MDS25両機の左側面には、短波帯とFM帯用の3.5mm外部アンテナ端子を備えます。ただし、AR-MD20とAR-MDS25とも感度切り替え機能が無いので、短波帯受信にWellbrook「ALA-1530」などの高利得なアクティブ型アンテナを接続すると、混変調を起こして、案の定ノックアウト状態(使用不能)となってしまいました。

AR-MD20とAR-MDS25の基本的な受信性能は同じです。AR-MD20とAR-MDS25は外部アンテナを接続すれば、初級BCL用には充分な機能を発揮しますし、音量・音質ともパーソナルなBCL用途には合格と評価できます。AR-MD20とAR-MDS25どちらを入手してもBCLを楽しめるでしょう。


AR-MD20がコスパに優れていて“買い”

しかし、AR-MDS25の実勢価格13,000円にはAR-MD20と比べてやや割高感があります。AR-MDS25だけに搭載された特殊な機能が、AR-MD20の実勢価格7,300円との差額5,700円に見合っているのかという疑問です。

FMステレオ放送をスピーカーで楽しむにはAR-MDS25は音質・音量が不足しています。そして、AR-MDS25はMP3プレーヤーやアンプとしての機能が不十分な上、そもそもBCLには必要な機能ではありません。AR-MDS25はこれらの機能を盛り込み過ぎたためか、BCLラジオとしての操作性も良好とはいえないのです。

一方のAR-MD20はBCLを始める人はもちろん、ベテランBCLの予備機に適しています。AR-MD20はコンパクトなので携帯に便利な点も見逃せません。AR-MD20は旅行や移動受信にも気軽に持ち出せるからです。AR-MD20とAR-MDS25の対決では、シンプルな機能と操作性を持ち合わせた、コスパに優れたAR-MD20を“買い”にしました。


AR-MD20がレビューで支持されている理由

このアイワのBCLラジオ「AR-MD20」がさまざまなレビューで支持されている大きな理由は、選局ダイヤル・テンキー・プリセットメモリー・簡単選局など、チューニング操作の自由度が高いことです。特に、AR-MD20の簡単選局はワンプッシュでバンド内をスキャンし、その時に聞ける周波数を一時的なメモリーに登録。AR-MD20の選局ダイヤルで自由に切り替えられます。

AR-MD20のはビギナーでも簡単に放送が聞ける上、プリセットメモリーには影響しないので安心。普段使いから海外旅行のお供まで、AR-MD20は頼れる1台なのです。

AR-MD20のディスプレイには、遠距離受信の際に役立つ電波強度(dBμ)と、信号対雑音比(S/N)を表示。AR-MD20では数字が大きい方が受信状態が良好という意味になります。

AR-MD20はコスパに優れるアイワのBCLラジオ


AR-MD20の選局ダイヤルのクリック感

AR-MD20の周波数はセグメント表示で大きく見やすい設計。選局ダイヤルを操作した時のもたつきがなく、ラジオとの一体感を得られます。AR-MD20は情報(時計/温度/受信状況)を切り替えられるのも便利です。

AR-MD20の選局ダイヤルは適度なクリック感。回す速度によって周波数ステップが、FASTとSLOWの2段階に切り替わります。AR-MD20は短波の場合、ゆっくり回すと1kHzステップですが、早く回すと5kHzステップになります。

AR-MD20の周波数ステップがSLOWの時は三角マークが1つ、FASTの時は2つ。AR-MD20は選局ダイヤルの現状を確認できる仕様です。AR-MD20は受信調査の際に活躍。AR-MD20は操作への追従性も高い印象です。

■「アイワ」おすすめ記事
「アイワ」ブランドのラジカセが完全復活した!
アイワが発売した国内向けBCLラジオの中身は?

■「海外短波放送」おすすめ記事
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • AR-MD20とOEM元の中華ラジオは何が違っている?
    AR-MD20とOEM元の中華ラジオは何が違っている?
  • 国内大手メーカーが発売する唯一のBCLラジオは?
    国内大手メーカーが発売する唯一のBCLラジオは?
  • AR-MD20は国内大手が供給する唯一のBCLラジオ
    国内大手メーカー製で唯一のBCLラジオAR-MD20

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次