ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ディスプレイを搭載した手回し充電ラジオの狙い

電池の消耗を避けたい手回しラジオで、液晶ディスプレイを採用するパナソニックの「RF-TJ20」は、異端感のある存在です。小型スピーカーを左右に2つ装備しますが、ステレオ仕様ではなくモノラル。これはスピーカー破損時の予備となっているのでしょう。ディスプレイを搭載した手回し充電ラジオの性能を見ていきます。


ディスプレイを搭載した手回し充電ラジオの狙い

RF-TJ20はCDラジカセ風のデザイン

手回し充電ラジオは、電池の消耗を避けるため、ディスプレイを持たないバータイプのアナログチューニング方式が主流です。

ところが、パナソニックの「RF-TJ20」は細長いディスプレイを装備する、デジタルチューニング方式を採用しています。普段からラジオと縁の無い人にとっては、周波数が表示される方が圧倒的に使いやすいからです。

RF-TJ20はCDラジカセ風のデザインで、左右にスピーカーを装備しています。ただし、モノラル仕様です。これは避難時にスピーカーを破損しても、もう一方を予備として機能させるためだと思われます。スピーカーが奥まっているのか、音はこもりがちな印象です。

RF-TJ20の充電ハンドルはかなり重め

サイレン機能があり、ラジオの音量とは連動せず、一定音量でアラームを鳴らし続けます。充電ハンドルはかなり重めですが、ラジオに慣れていない人に向けた作りは、防災ラジオとして評価すべきポイントです。

RF-TJ20の受信周波数は522~1629kHz(9kHzステップ・AMラジオ放送)/76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ・FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は28mm/230mW×2です。防塵・防水性はありません。

電源はDC4.8V/300mAh内蔵充電池、単4形乾電池×3本で、サイズ/重さは140.4W×54.4H×52Dmm/288g。実勢価格は4,300円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事