ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

東芝のスタイリッシュな手回し充電ラジオの性能

非常持ち出し袋の必須アイテムとなった「手回し充電ラジオ」は、電池切れの心配がないのが最大の特徴。スマホへの給電も可能です。そんな手回し充電ラジオは、どうしても充電ハンドルが目立ってしまうデザインが難点。東芝のスタイリッシュな手回し充電ラジオを見ていきましょう。


東芝のスタイリッシュな手回し充電ラジオの性能

TY-JKR5は少しばかり感度が不安定

突起物である充電ハンドルが、背面カバーにピタッで収まる東芝エルイートレーディングの「TY-JKR5」は、手回し充電ラジオとは思えないほどスタイリッシュ。非常持ち出し袋に入れっぱなしにしておくのは、ちょっともったいないほどです。

日常使いのラジオとして、手元に置いておきたいところですが、少しばかり感度が不安定。手を近づけると受信状態が大きく変化します。また大きな音を出せるものの、音を大きくするとシャカシャカした音になります。

TY-JKR5の特徴は、内蔵充電池にコンデンサ充電池を使用している点です。これは長期保管に備えることが狙いで、目に見える性能ではありませんが、防災ラジオとしての価値を高める仕様になっています。

TY-JKR5の充電ハンドルツマミが短い

充電ハンドルの回転軸間距離は68mm。回すのに120~150cNの力が必要でムラがあります。ツマミは11mmと短いため、男性の指先ではつかみにくいかもしれません。スピーカー使用時のAMラジオ放送の作動時間は、アルカリ乾電池の場合は45時間、1分間の手回し充電で35分です。

TY-JKR5の受信周波数は531~1620kHz(AMラジオ放送)/76.0~108.0MHz(FMラジオ放送)。スピーカー外径/出力は36mm/80mWです。防塵・防水性はIP54となります。

電源はDC3.6V内蔵充電池、単4形乾電池×2本で、サイズ/重さは110W×65H×35Dmm/213gです。付属品は充電ケーブル、ストラップ。実勢価格は4,900円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事