ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルSuicaとモバイルPASMOはどっちが得か?

スマホからチャージ可能になる「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」は、関東地方在住であればどちらも利用したい人が多いはず。しかし、この2つを同時に1台で使えるスマホが限られるため、ほとんどの人はどちらか1つを選ぶ必要があります。モバイルSuicaとモバイルPASMOはどちらが得なのでしょう。


モバイルSuicaとモバイルPASMOはどっちが得か?

モバイルSuicaとPASMOの使い分け

2020年3月18日、スマホでPASMOが利用可能な「モバイルPASMO」がサービスをスタート。関東地方ではスマホ用の交通系ICとして、モバイルSuica・モバイルPASMOの2種類から選ぶことが可能となりました。

他の交通系ICカードの場合、複数枚を持ち用途別に使い分けることができますが、モバイルSuicaとモバイルPASMOについては同時に利用可能なのはどちらか一方のみ。というのも、それぞれのアプリを同時にインストールできるスマホが最新の高級モデルに限られているためです。

各アプリのアンインストールとインストールを繰り返すことで、モバイルSuicaとモバイルPASMOを使い分けること自体は可能。しかし、各カードの預け入れ・引き出し作業も毎回必要なため非現実的です。そこで、モバイルSuicaとモバイルPASMOのどちらをインストールするとお得かを考えてみました。

どちらか迷ったらモバイルSuicaがおトク

モバイルSuicaとモバイルPASMOの選び方で迷わないのは、それぞれのエリア内のみの定期券を利用する人でしょう。この場合、SuicaエリアであればモバイルSuica、PASMOエリアならモバイルPASMOでしか定期券を購入することができません。

それでは、その他のケースではモバイルSuicaとモバイルPASMOのどちらを選べばよりお得かといえば、モバイルSuicaです。というのも、モバイルSuicaとカード式SuicaではJR東日本路線乗車時のJRE POINTが異なり、モバイルSuicaが2%、カード式Suicaが0.5%とモバイルSuicaが有利になります。

また、東京メトロのポイントサービス「メトポ」は、モバイルPASMOへ切り替えるとポイント還元手続きが一部駅に設置されるICカード専用チャージ機のみ対応となり不便です。新幹線以外はJR路線にほぼ乗らないという人以外は「モバイルSuica+カード式PASMO」の組み合わせの使い勝手がよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事