ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaが入場券になる新サービスが3月にスタート

鉄道会社では、列車に乗らずに駅へ入るためだけに使う「入場券」を発売しています。もともとは、ホームまでの送り迎え用に販売されていた入場券ですが、最近では駅のなかでのショッピングに使いたいといったニーズも出てきました。そこで、JR東日本はSuicaなどの交通系ICカードを入場券として使えるサービスを3月からスタートします。


JR東日本がSuicaを入場券として使えるサービス

現在はSuicaを入場券として使えない

JR各社が発売する入場券は、列車に乗らずに見送りだけする人がおもに利用するもので、入場券で改札口を通過後2時間以内であれば駅構内を自由に移動できます。入場券の価格はその駅から3kmまでの運賃と同じで、東京駅であれば140円、仙台駅は150円です。

東京駅など一部のターミナル駅を除けば、入場券の利用はそれほど多くはありませんでした。ところが、JR東日本の首都圏エリアでは、改札口内にショッピングエリア「ecute」を続々開業。ショッピングのために入場券を利用したいという需要も出てきています。

ところが、JR東日本のSuicaに限らず、交通系ICカードを入場券として使うことは現在のところできません。一度、交通系ICカードで改札から入り、同じ駅の改札口から出ようとすると自動改札機のゲートが閉まり、有人改札口での精算が必要となるのです。

Suica入場券は新幹線ホームが対象外

この不便さを解消するため、JR東日本では2021年3月13日から交通系ICカードを入場券として使える「タッチでエキナカ」をスタート。入場した駅と同じ改札口から出る場合、2時間以内であれば入場券と同じ運賃がチャージ額から引き落とされるようになります。

「タッチでエキナカ」の対象となるのは、首都圏エリアだけでなく仙台エリア・新潟エリアも含まれ、簡易Suica改札機設置駅を除いたものとなります。また、タッチでエキナカはSuicaだけでなくPASMOなど全国相互利用対応の交通系ICカード全10種類に対応しています。

一方で、新幹線ホームへ行く場合やJR路線が走るものの改札口が別会社の管理となっているケースは、タッチでエキナカの対象外。例えば、改札業務を小田急が行っている厚木駅、同様に改札口が相鉄管理の羽沢横浜国大駅などでは、タッチでエキナカは利用できないため注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事