ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suica・PASMO相互利用は何社まで乗り継ぎ可能?

首都圏以外の人が東京へ出てきて驚くことのひとつが、違う鉄道会社同士の相互乗り入れが多いことでしょう。この状態に対応するため、首都圏で発行される交通系ICカードのSuica・PASMOエリアでは、会社をまたいだ乗車もスムーズに使える仕組みになっています。ところが、あまり多くの鉄道会社をまたぐと改札口が開かないこともあるのです。


Suica・PASMO相互利用は何社まで乗り継ぎ可能?

Suica・PASMO相互利用は最大4社まで

全国的相互利用対応の交通系ICカードは、現在10種類が発行されています。これら交通系ICカードは、鉄道・バスへの乗車に関しては他エリアでも利用可能で、例えばJR西日本のICOCAエリアにもSuicaで乗車可能。一方で、エリアをまたいだ乗車については基本的に対応していません。

しかし、SuicaとPASMOに関してはお互いのエリアをまたぐ乗車が後発のPASMOサービスがスタートした時点から可能になっています。これは、首都圏ではJR東日本路線と東京メトロが古くから乗り入れが行われており、PASMO側が相互利用に対応する形でシステムを開発したことが理由です。

Suica・PASMOエリアでは相互乗り入れ路線が多く、乗車ルート次第では5社・6社と改札を出ずに乗り継ぐことが可能。しかし、自動改札を通る際には乗り継ぎ会社数に制限があり、最大4社までです。このことは、PASMOのWebサイト内で公開されている利用ガイドにも明記されています。

Suica・PASMO相互利用は手作業あり

例えば、相鉄本線の二俣川駅から乗車し、西谷駅→羽沢横浜国大駅→北千住駅→代々木上原駅→小田原駅→箱根湯本駅というルートでは、相鉄・JR東日本・東京メトロ・小田急・箱根登山鉄道の5社路線へ改札を出ずに乗車できます。実際にこの乗車を行うと、箱根湯本駅の自動改札機ではゲートが閉まり出ることができません。

しかし、この場合も有人改札で手続きを行うことにより、SuicaやPASMOなどでの支払い自体は行えます。ただし、駅係員が途中経路をすべて手作業で入力するため、精算には時間がかかるうえ駅係員の負担を増やすことにもつながります。

さらに、Suica・PASMOエリアで5社以上の路線を乗り継ぐルートが最短・最安となることはありません。先ほど紹介したルートの場合、二俣川駅から大和駅→相模大野駅→小田原駅→箱根湯本駅と向かう方が乗車時間も短く運賃も割安。実用的でないため、今後もSuicaやPASMOが乗り継ぎ会社数を増やす可能性は低いでしょう。

■「Suica」おすすめ記事
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

■「交通」おすすめ記事
バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事