ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いまだにSuicaが使えない路線が首都圏にある?

鉄道・バスだけでなく、コンビニなどでも使えて便利な「Suica」は、新幹線への乗車にも対応したことから、これ1枚あれば全国各地を旅行することも可能です。ところが、もっともSuicaが普及しているはずの首都圏1都6県を走るJR東日本路線には、いまだSuicaがまったく使えない、あるいは一部機能が使えない駅が存在するのです。


いまだにSuicaが使えない路線が首都圏にある?

Suicaで下車すると清算が面倒

JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」は、2001年11月18日に登場。それまで使われていた磁気カード・イオカードを置き換えることを目的として、当初は東京付近の424駅のみで使えるものでした。しかし、その後Suica対応の駅は増え続け、首都圏だけでなく仙台エリア・新潟エリアへも拡大しています。

さらに、Suicaから遅れて登場したPASMOとの相互利用や、ICOCAやTOIKAエリアなどでも利用可能な「交通系ICカード全国相互利用サービス」もスタート。鉄道・バスだけでなく、コンビニやレストラン・スーパーなどさまざまなジャンルの店舗でもSuica決済が行えるようになっています。

Suicaが使える場所が全国的に広がる一方で、首都圏のJR東日本路線でもSuicaをはじめとする交通系ICカードがまったく使えない駅もいまだ存在します。こうした駅では、Suica自動改札機だけでなく簡易Suica改札機も設置されていないため、うっかりSuicaで下車しようとするとあとの精算が面倒なため要注意です。

Suica未対応の路線は利用者が少ない

首都圏の1都6県では、全区間Suicaが利用できないのは烏山線と久留里線です。いずれの路線も、首都圏としては利用者数が少ないことが特徴で、JR東日本が発表した2019年度の1日あたりの利用者数によれば、烏山線で一番利用者が多いのは烏山駅の537人。久留里線はさらに少なくなり、一番多い久留里駅でも365人です。

全線ではないものの、一部駅でSuicaが利用不可能なのが水郡線と吾妻線です。水郡線は、水戸駅~郡山駅の本線と上菅谷駅~常陸太田駅の支線がありますが、茨城県区間に限ると上菅谷・常陸太田・常陸大宮・常陸大子の各駅のみがSuicaに対応。その他の駅はSuicaでの乗降ができません。

また、吾妻線については中之条駅・長野原草津口駅と万座・鹿沢口駅がSuica対応で、その他各駅ではSuica利用が不可能となっています。なお、水郡線・吾妻線ともにSuica対応駅を含むSuica定期券の発売は行われておらず、Suicaの新規発行・再発行・払戻の各業務も行われていないため注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事