ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ピッキングで狙われる危険なカギを見分ける方法

1990年代後半にピッキング被害が多発する事件がありました。あれから早20年。事件をきっかけに日本のカギのセキュリティは変わったのでしょうか。じつは、いまだにピッキング対策されていないカギは数多く存在しています。そこで、ピッキングで狙われる危険なカギを見分ける方法を紹介します。


スポンサーリンク
ピッキングで狙われる危険なカギを見分ける方法

ピッキングでカギが開くわけ

住宅のカギのほとんどは、シリンダー錠が主流です。シリンダー錠は、固定された外筒の中を内筒が回転すると、かんぬきが引っ込んでドアが開きます。

この内筒の回転を妨げるのが、外筒と内筒を跨ぐタンブラーという障害物。内筒にカギを挿し込むと、この邪魔なタンブラーを外筒側に押しのけるので、内筒が再び自由に回転するというワケです。

ピッキングとは、このタンブラーをピックで1つ1つ押しのける作業になります。最も構造が単純なピンシリンダー錠の場合、バネに押された6つの上ピンが、外筒と内筒に跨って内筒の回転を阻止しています。

ピックでピンを押し上げても、押し戻されるのは必至。そこで、内筒に開錠方向にテンションをかけ、ピンが内筒と外筒に挟まって動かないように固定します。こうして上ピンが外筒へ、下ピンが内筒へきれいに収まってカギが開くわけです。

ピッキングで狙われるカギ

そんなピッキングで狙われるのが、ピンシリンダー錠の「SHOWA 6」。20年以上前、公団住宅やアパートのキーといえばこれ。キーの片側に6個しか溝がなく、ピッキングされやすいカギです。

90年代にピッキングで狙われたのが、ディスクシリンダー錠の「MIWA H248」。マスターキーが使えるため、地方ではマンションやビジネスホテルなどでいまだに残っています。

一方、ピッキングはかなり難しいといえるのがロータリーディスクタンブラー錠の「MIWA U9」。斜めに突き出たタンブラーがディスク状で、なおかつ回転しながら押し込まれます。

ディンプル錠の「GOAL V-18」もピッキングが難しいカギ。6本並ぶピンタンブラーが、上と左右の3方向から向き合うタイプ。しかも、18本のピンすべてアンチピッキングピン。テンションをかけてもピンが固定されずピッキングを防ぎます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事