ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEスタンプの作成で1か月で6万円の売上!

LINEスタンプ作成で稼げる環境が整ってきました。いまやLINEスタンプ作成はスマホで完結。以前は数ヶ月だった審査期間も5日に短縮しています。とはいえ、ただ登録しただけでは作成したLINEスタンプは埋もれてしまうもの。そこで、LINEスタンプ作成で儲けるテクニックを紹介しましょう。



スポンサーリンク
LINEスタンプの作成で1か月で6万円の売上!

作成したLINEスタンプを無料配布

作成したLINEスタンプを売る1番の近道は、ランキング上位につけることです。友人に無料配布したりSNSで宣伝したりして、販促を強化したいところ。多少の出費は広告料と割り切りましょう。

LINEスタンプを作成したら、まずは「スタンパーズ」に登録するのがセオリー。スタンパーズはスタンプ検索サイト。無料で宣伝できるので作成したらすぐに登録します。検索性を上げるため、タグを大量に設定するのがポイントです。

次に、SNSと掲示板で営業をかけます。宣伝アカウントを作り販売を告知。無料配布キャンペーンを打つのも効果的です。Facebookやブログでもアピールしたいところです。

LINEスタンプ作成で5万円の利益

ナンパ男が多いLINE掲示板をLINEスタンプの告知に使う方法もあります。女性のふりをして知り合いを増やし、スタンプ購入を“おねだり”するという方法もあるかもしれません。

実際にLINEスタンプを作成して登録、そして宣伝までの流れを実践してみました。すると、登録直後は130位だった順位が76位になったこともあり、発売1か月で6万円超ほどの売り上げを記録したのです。

120円のスタンプを約100人に無料配布したため、宣伝費は12,000円ほどという計算。とはいえ、LINEスタンプ作成で1か月で5万円の利益が出たということです。何かの拍子にバズったらと考えると夢は膨らみます。

■「LINEスタンプ」おすすめ記事
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEスタンプを作成して登録するまでマニュアル
LINEスタンプ作成はスマホのみで完結する

■「LINE」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事