ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRは途中下車しなければ140円で1千キロ乗れる

JRは途中下車しなければ140円で1千キロ以上、電車に乗り続けることができます。それは“大回り乗車”とも呼ばれる乗車方法。JRで隣の駅にいく場合でも一筆書きのルートであれば途中下車をしなければ初乗り運賃で乗車できるのです。そのテクニックを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
JRは途中下車しなければ140円で1千キロ乗れる

JRの一筆書きルートは途中下車不可

距離の長い切符ほど1キロ当たりの運賃が安くなる仕組みを利用したJRのお得な切符が「一筆書きキップ」。じつはJRには、もう1つの“一筆書き”があります。

それは大都市近郊区間制度を利用した“大回り乗車”とも呼ばれる乗車方法です。東京、名古屋、大阪などの複数の路線が集中する地域に適用されるキップの特別ルールです。

それはJRで隣の駅に行く場合でも重複区間がない一筆書きのルートであれば、区間内をどんなに大回りをしても隣の駅までの初乗り運賃で乗車できるというルールです。ただし、駅の改札を出る「途中下車」はできません。

JRは途中下車しなければ初乗り運賃

とはいえ列車を降りて、改札内の商業施設・エキュートやトイレなどの利用は可能です。また、キップの有効期間は始発(初電)から終電まで。なので、1日の乗車時間は20時間程度になり、大回りできる距離も限界があります。

しかし、大晦日から元旦にかけては終夜運転が行われるため、終電がありません。つまり、12月31日付けのキップは1月1日の終電まで有効であり、途中下車しなければ40時間以上の乗車が可能です。

大晦日から元旦の終夜運転を利用すれば12月31日のキップは12月31日の始発(5時頃)から1月1日の終電(1月2日深夜1時頃)まで有効。常磐線の北小金駅~馬橋駅の初乗り運賃140円で、1,039.2キロ、40時間以上の乗り鉄が楽しめるのです。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「JR途中下車」おすすめ記事
JRで途中下車の旅をお得に楽しむ方法とは?

■「JR」おすすめ記事
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!
JR西日本のお得な切符「夏の関西1デイパス」
JRを一筆書きして140円で1,000キロ乗る方法
JRの往復割引なら10%オフで切符が買える
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!

■「お得な切符」おすすめ記事
東京フリーきっぷで観光スポットを安く回る
九州旅行におすすめ「旅名人の九州満喫きっぷ」
北海道&東日本パスは青春18きっぷよりお得
青春18きっぷ以外にあるお得な切符がある!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事