ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官が持つ拳銃「M360サクラ」は1丁いくら?

警察官が持つ特殊装備として、真っ先に思い浮かぶのは拳銃でしょう。銃規制が厳しい日本では、警察官・自衛官を除いてほぼ拳銃を持つことができません。そして、日本の警察官はオリジナル仕様の拳銃を日々持ち歩いています。気になるその値段はいくらか、調べてみると驚きの結果でした。


スポンサーリンク
警察官が持つ拳銃「M360サクラ」は1丁いくら?

警察官の拳銃はニューナンブが有名

警察官の拳銃といえば、小説のタイトルにもなった「ニューナンブ」が有名ですが、10年以上前に生産が終了。現在は、米スミス&ウェッソン社の回転式拳銃「M360」を日本警察向けにアレンジした「M360サクラ」をメインに購入しています。

SPや特殊部隊など、用途専用の別なモデルを持つ警察官もいますが、大部分の警察官はM360サクラを1人1丁ずつ持っています。制服で警察官が出動する際は、原則拳銃を身につけることが規則になっていて、女性警察官も例外ではありません。

M360サクラは、毎年警察庁が全国分をまとめて一括購入。そこから各都道府県警に配布され、現場の警察官に貸し出されます。つまり、警察官は拳銃を自分で買って持つのではなく、各都道府県警から借りて使う形になっています。

警察官の拳銃は1丁あたり9万2千円

警察庁の資料によると、2016年度の場合、警察庁は銃器を3,920丁購入していました。そして、M360サクラを納入していると思われる会社に約3億6千万円を支払っています。丁数には別な銃もわずかに含まれるため、M360サクラ分を3,900丁として1丁あたりの価格を計算すると、約9万2千円となりました。

日本の場合、拳銃などの武器に関しては限られた需要しかなく、価格が高いのではないか、とよく話題になります。そこで、先ほどの警察庁購入価格を、はるかに銃が普及しているアメリカと比較してみます。

スミス&ウェッソンのWebサイトを見ると、M360の定価が掲載されており770ドル。日本円に直すと約8万5千円です。日本の警察庁の購入金額は、アメリカでの定価の約1割増しです。

M360サクラは日本の警察向けに細かい仕様が追加されています。そのことを考えると、警察庁が購入している価格はそれほど高くはない、といえそうです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事