ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルSuica大幅アップデートで何が変わった?

3月21日、Android向けのモバイルSuicaアプリに大幅なアップデートが行われました。アップデート当日は、サーバーがダウンするなどのトラブルが起きたものの、いまでは順調に新アプリが使えるようになっています。それでは、今回のモバイルSuicaアプリの大幅アップデートでは、どのような機能が加わったのでしょうか?


モバイルSuica大幅アップデートで何が変わった?

モバイルSuicaアップデートの注意点

2021年3月21日、Android向けのSuicaアプリ「モバイルSuicaアプリ」で大幅アップデートが行われました。アプリだけでなくSuicaサーバー側のシステムも変更となったため、旧アプリのままでは同日以降モバイルSuicaが利用できず、ユーザー側はアップデートが必須となります。

また、新アプリはAndroid6.0未満では利用できないほか、モバイルSuicaの管理におサイフケータイアプリを利用することから、同アプリのバージョン9.0.0以降のインストールが必要。こうした変更の影響から、一部のスマホでは3月21日以降、モバイルSuicaの利用ができなくなっているので要注意です。

新アプリを開くと、まず気づくのが表示画面や操作方法が大幅に変更されていること。旧アプリでは、さまざまなメニューへ移動後はスマホ以前の携帯電話アプリに近い操作方法でしたが、新アプリではスマホアプリらしい操作感になりました。この点は、Apple PayのSuicaアプリへ近づいたともいえるでしょう。

モバイルSuicaアップデートの変更点

新アプリの機能面では、ログイン方法が変更。これまでは、チャージやSuicaグリーン券の購入といった操作を行うたびにパスワードなどの入力が必要でした。しかし、新アプリでは生体認証を登録しておくことで、アプリ起動後に一度生体認証を行うだけで、その後の操作でパスワードなどの入力が不要となります。

また、チャージだけでなくSuicaグリーン券や定期券の購入にもGoogle Payが利用可能になりました。Google Payで購入する際には、登録されたカードの選択も可能。クレジットカードの使い分けのほか、これまでモバイルSuicaに登録できなかったデビットカードの利用にも対応することになります。

なお、モバイルSuicaのアップデート前には、新アプリではSuicaを複数枚登録して使い分けることも可能とアナウンスもされていました。しかし、この機能は以前からSuica・PASMOの使い分けが可能だった機種限定で、Suica・PASMOいずれか1枚のみ登録可能だった機種はこれまでと同様です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事