ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneを劇的に高音質化する「ポタアン」とは

高音質といえばハイレゾ。CDを超えるデータ量で、原音をより忠実に再現します。iPhoneでも対応機器を揃えれば、ハイレゾ音源を再生可能です。しかし、残念ながらApple Musicをはじめ定額音楽配信サービスは、どれもハイレゾではありません。ただし、ある機材を導入することでハイレゾ音源並みに迫れます。


iPhoneを劇的に高音質化する「ポタアン」とは

ポタアンでiPhoneを劇的に高音質化

iPhoneで高音質化のカギを握るのが、DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプ、通称「ポタアン」です。「DAC」とはデジタル/アナログ変換回路。スマホのデジタル音声信号を、アナログに変換&増幅する専用機器です。

iPhoneに付属してる「Lightning→3.5mm端子変換アダプタ」で聞くのと何が違うのかと思う人も多いでしょう。確かにスマホ内にもDACもアンプが内蔵されてはいるのですが、省エネ・省スペース設計で非力なのです。

そこで、iPhone内のデジタル音声信号をそのまま「Lightning→USBケーブル」でポタアンに伝送し、高品質のDAC&アンプにより効率よく変換・増幅。同じ音源ながら、非常にクリアで臨場感あふれるものにしてくれます。

iPhoneと極めて相性の良いポタアン

FiiOの「Q1 MarkⅡ」は、iPhoneと極めて相性の良いポタアンです。高性能DACチップや高品質オペアンプの採用でハイレゾ音源はもちろん、Apple Musicも高音質で迫力あるものになります。実勢価格は13,000円前後です。

単品で買うと数千円と高価な、iPhoneからデジタル音声信号を取り出す「Lightning→USBケーブル」も同梱。使い方も、iPhoneと接続したポタアンにイヤホンをつなげて電源ボリュームを回すだけと簡単です。

CDよりも高価なハイレゾ音源をコツコツと買い足していくのは時間も費用も膨大。そこで、ポタアンに2,000円から購入できるハイレゾ対応イヤホンの組み合わせを選ぶ方が賢いかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事