ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE既読を付けず内容や写真を確認できるアプリ

いつも肌身離さず持ち歩くスマホは、LINEやメールなどコミュニケーションの要とも呼べる存在です。そんなスマホでのコミュニケーションをより便利にする一芸アプリを集めました。LINEの既読回避アプリや捨てアドアプリのほか、電話番号判別アプリなど、メールや通話を強力にサポートしてくれます。


LINE既読を付けず内容や写真を確認できるアプリ

LINEが既読を付けずに読めるアプリ

LINEの通知をすべて記録し、既読マークを付けずに読めるアプリが「NINE(ナイン)既読回避アプリ」。メッセージだけでなく、写真も確認できるのがポイントです。対応OSはAndroidとなります。

LINEの設定で「メッセージ通知の内容表示」を有効にしておくと、通知が記録されるようになります。内容を把握した上でスルーできるので、微妙な知り合いからの連絡に有効でしょう。

フリーソフトや海外のアダルトサイトなどにメールアドレスを登録する際は、普段使っているメアドではなく、いわゆる「捨てアド」を発行しましょう。

無料アプリ「捨てメアド」なら、ワンタップで複数作れる上、送受信が可能なのがポイント。受信できるので仮登録用のメールにも対応できます。対応OSはiOS/Androidです。

連絡先のメールアドレスが有効か確認

「Whoscall」を導入すると、連絡先に登録していない相手からの着信があった場合に、データベースと照合して発信者が誰なのかが分かるようになります。対応OSはiOS/Androidです。

アプリは無料ですが、ほとんどの機能は有料(月額350円)なので、課金前提で使いましょう。頻繁にかかってくる迷惑電話には、着信拒否設定が可能。SMSの相手も分かります。迷惑メッセージも自動で判別可能です。

「Address Search」は、連絡先に登録されているメールアドレスが、有効か否かを確認できるアプリ。ほんの数分で結果が分かるので、長年使っていない友人の連絡先を1度調べて整理しましょう。対応OSはAndroidです。

アプリを起動したら「START」ボタンをタップするだけでチェック開始。完了すると通知してくれます。LINEでの連絡が当たり前になっている今、ぜひ活用したいアプリです。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事