ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

海外用SIMカードで番号必須のLINE登録してみた

匿名スマホの大きな壁となるのがSIMカードです。日本で契約する場合、名前や住所、クレジットカードが必須となります。そこで、匿名スマホで利用されてきたのが、海外旅行用のプリペイドSIMです。名前や住所の登録が不要で、日本国内で開通できるものもあり、音声通話付きなら海外の電話番号を取得することも可能です。


海外用SIMカードで番号必須のLINE登録してみた

海外用SIMカードは規制が年々厳しく

これまで、名前や住所の登録が不要の海外旅行用プリペイドSIMを、中古で買った白ロムに入れれば、個人情報を隠した匿名スマホが完成するはずでした。

しかし、海外用SIMカードは規制が年々厳しくなっていて、完全に匿名の状態で開通するのが難しくなっています。今回は入手性を考えて4枚の海外用SIMをAmazonで購入・検証してみました。

今回テストした中で、唯一日本で開通できた海外用SIMカードが「SIM for Europe」。ネットワークはNTTドコモの4G回線をつかんでいますが、国内ではローミング接続なのでやや速度は遅めです。

海外用SIMカードでLINE登録をクリア

「SIM for Europe」は申請から開通までに約1日かかったものの「+44」のイギリスナンバーが取得可能となり、電話番号が必須となるLINEやTelegramの登録がクリアできました。

ただし、アクティベート手続きには、Amazonの注文番号を入力しなければいけないので、完全な匿名スマホとして扱うのは難しいでしょう。Amazonを匿名で買い物できれば話は別です。

「SIM for Europe」はヨーロッパ72か国に対応する、通話付きの海外用SIMカード。mewfi.comでアクティベート手続きを行います。データ容量は20GB(30日間)、実勢価格は2,550円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事