ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デスク掃除は「水の激落ちくん」で何でも落ちる

毎日デスクワークをしていると、オフィスのデスク周りは手垢や消しゴムのかすなどであちこち黒ずんできます。こうなると、ウェットティッシュや濡れ雑巾で掃除をしてもなかなか汚れが落ちません。そこで「水の激落ちくん」を利用した、デスク周りを簡単にきれいにする方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
デスク掃除は「水の激落ちくん」で何でも落ちる

デスクを消しゴム掃除するのは面倒

シャーペンの折れた芯が机の上に転がるのか、あるいは誤ってペン先が机の上を走り文字を書いてしまうのか、デスクの上が鉛筆の芯で黒く汚れることがあります。芯だからと消しゴムでゴシゴシ掃除するのは非常に面倒です。

そこで「水の激落ちくん」をティッシュに吹き付け、机の上をさっと拭きます。力を入れる必要は全くなし。これだけで芯の汚れはきれいに落ちます。芯以外の何がしかの汚れも取れるのは、ティッシュの色で分かります。

試しに、キーボードを「水の激落ちくん」を付けたティッシュで掃除してみましょう。ティッシュは黄ばんだ色となり、キーボードが新品のように明るさを取り戻します。キーボードは、思った以上に手垢で汚れてるようです。

デスク周りの手垢の汚れを掃除する

デスク周りにある電話のボタンやハサミの柄の白い部分など、手でさわるものは手垢でかなり汚れるものであることが判明。というのも、白っぽいものを「水の激落ちくん」で拭くと、どれも色が明るくなるからです。

マウスの裏側には4つのポッチ(出っ張り)があり、そこに消しゴムのカスがたまるためにだんだん滑りが悪くなりがち。このこびりついた消しゴムのカスも先程と同様「水の激落ちくん」で瞬時に掃除できてマウスの快適操作が可能になります。

キーボードやマウス操作の疲労を防止するゴム製のリストレストは、裏面にホコリが付着すると滑りやすくなるもの。これも「水の激落ちくん」で拭くと、新品同様に滑らなくなるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事