ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

多機能ハンディ受信機「VR-160」の魅力とは?

アマチュア無線機メーカーとして歴史のある八重洲無線。高級なHF帯機はYAESUブランドで販売され、VHF/UHF帯機や受信機は日本マランツのブランドを引き継いだ、STANDARDのブランドで販売されています。伝統あるSTANDARDの血統を受け継いだハンディ受信機が「VR-160」です。


多機能ハンディ受信機「VR-160」の魅力とは?

VHF帯の感度は良好、UHF帯は微妙

VR-160は、VHF帯エアーバンドを筆頭にアナログ波のおもしろ無線が集中していた100MHz帯の感度が良好。発売当時に聞けていた、消防無線などの人気ジャンルに合わせたチューニングがされていました。

しかし、ミリタリーエアーバンドが存在する200MHz帯に入ると感度は悪化を始めます。そして310MHzでピークに。とはいっても、そこは受信機。UHF帯は-10dBのアッテネータを効かせたような感触です。

そして、310MHzから400MHzにかけて感度は急速に回復。現在もアナログ波がたくさん残っている400MHz帯の感度は良好。UHF帯は感度が低下する210~350MHzと、感度良好な360~480MHzに2分されています。

最後のアナログ多機能ハンディ機

VR-160がライバルの入門モデルと大きく差を付けているのが、ドットマトリックス方式を採用したディスプレイ。入門機クラスで唯一の装備で、カタカナ表示が可能になり、表現力は豊かです。

受信レベルをバーグラフで表現するシグナルメーター(Sメーター)は、3種類から選べるという、ディスプレイの表現力を使ったユーザーライクな機能も搭載。盛りこまれた多彩な機能はライバル機を引き離します。

ラジオを聞きながらスキャンやサーチができるAF-DUAL機能を搭載。手の平に収まるコンパクトなボディに盛りこまれた多機能。VR-160は、アナログ方式のハンディ受信機、最後の多機能機なのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事