ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コロナで受付休止「JRE POINTカード」って何?

JR東日本は、緊急事態宣言を受けてポイントカード「JRE POINTカード」の新規受付を一時休止すると発表しました。しかし、多くの人が持つSuicaと違い、JRE POINTカード自体を見たことがないという人も多いでしょう。そこで、JRE POINTカードはどのように作り、どうやって使うのかを見てみることにします。


コロナで受付休止「JRE POINTカード」って何?

JRE POINTカードをレジで見せる必要

「JRE POINT」は、JR東日本グループが行っているポイントプログラム。JR東日本の鉄道路線の乗車やキオスク・駅ビル・駅構内でのショッピング、そしてJR東日本系列のクレジットカード「ビューカード」を利用したときにJRE POINTのポイントが貯まります。

JRE POINTカードは、このポイントを貯めるときに利用するカードですが、すべてのパターンで必要になるわけではありません。というのも、Suicaを利用したJR東日本路線への乗車や駅構内での自動販売機を含むショッピング、そしてビューカードのクレジット利用については、自動でポイントが貯まる仕組みだからです。

JRE POINTカードがないとポイントが貯まらないのは「アトレ」「エスパル」などの駅ビルに入る店舗でのショッピングです。この場合は、レジでJRE POINTカードを見せることで「100円=1ポイント」が貯まります。ただし、大型駅ビル「ルミネ」はJRE POINTの対象外です。

JRE POINTカードの利用には登録作業

このように、JRE POINTカードはJR東日本の駅ビルでのショッピングに威力を発揮するカードで、クレジット機能などはなく発行手数料も無料。ただし、JRE POINTカードはネットで発行することはできず、JRE POINT加盟店へ行き専用の申込書に記入・提出する必要があるのです。

JRE POINTカードの申込書は、JRE POINTカードを見せることでポイントが貯まる店舗であればすべて用意しています。とはいえ、申し込みには店舗まで足を運ぶ仕組みだったことが、今回のJRE POINTカード新規発行停止につながったといえるでしょう。

そして、JRE POINTカードを利用する注意点として、貯めたポイントを利用するためには、入手したカードを専用のWebサイト「JRE POINT Web」へ登録する作業も必要であることです。この作業は、Suicaを登録する方法とほぼ同じで、ログイン後にJRE POINTカードの裏面に書かれたカード番号を入力して行います。

なお、「JRE CARD」「ビックカメラSuicaカード」「ルミネカード」など、JR東日本系列のクレジットカードについては、JRE POINTのサービス開始以降に発行されたものはJRE POINTカードとしても使用可能。この場合は、新たにJRE POINTカードを発行したり登録したりする必要はありません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事