ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車内での受信で重宝するモービルスピーカーとは

自由に移動できるクルマにモービル無線機を取り付けて、アマチュア無線を運用したり、おもしろ無線を受信をするのは楽しいものです。しかし、無線機本体をシートの下に設置してしまうと内蔵のスピーカーでは音がこもってしまいます。それをスパッと解決してくれるのが社外品のモービルスピーカーです。


車内での受信で重宝するモービルスピーカーとは

モービルスピーカーでこもりを解決

クルマに搭載するアマチュア無線機は「モービル機」と呼ばれます。ハンディ機と違って、大型のディスプレイは視認性が良好、片手で操作できるように設計されているので、車内での使い勝手が抜群にいいのです。

モービル機はディスプレイがあるコントローラーを分離して、コントローラーを手が届きやすい場所に取り付け。1DINサイズの大きな本体は、助手席の下に固定するのが一般的な設置スタイルです。

しかし、スピーカーは本体に内蔵されているため、シートの下に設置すると受信音がこもってしまい明瞭度が落ちます。これを解決してくれるのが、外部方式のモービルスピーカーです。

モービルスピーカーで格段とクリア

モービルスピーカーは汎用品がアンテナメーカーから発売されています。これをモービル機本体の外部スピーカー端子に接続するだけでOK。コードは3mあるので、ダッシュボードの好きな場所に設置できます。

ドライバーの近くにセットすれば、小さな音量でも受信音の通りがいいので格段とクリアに聞こえるようになるはず。同時に、同乗者に受信音を聞かせないようにできるので、家族が同乗する時にも心置きなく受信できます。

また、外部スピーカー端子にLとRの2系統がある場合は、モービルスピーカーを2つ接続することで、左右のバンドの鳴り分けも可能。2波同時受信性能をフルに発揮できるようになるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。