ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

頭の痛いクルマの車検費用を安く抑えるテクニック

自動車や大型バイクを持っていると、悩みの一つが2年や3年ごとに訪れる「車検」です。車検費用は10万円、あるいはそれ以上かかるケースもあり、何とか節約したいと考えている人も多いでしょう。そこで、車検での出費を抑える方法について、いくつか採り上げてみます。


頭の痛いクルマの車検費用を安く抑えるテクニック

車検代行料を安くできるユーザー車検

高い車検代をケチりたい場合、自分で車検の手続きを行うという方法があります。これは「ユーザー車検」と呼ばれるため特殊そうに聞こえますが、本来車検は自動車ユーザー自身で行うのが基本です。

車検で調べる項目は、ランプ類がちゃんと付くか、排ガスがきれいか、タイヤやブレーキパッドが減っていないかといった基本的なものだけです。ボディに多少の傷があっても車検は通ります。

とくに、新車で普通に3年間乗って調子が悪くない場合、最初の車検は特段のチェックをしなくてもほぼ通るので、数万円の法定費用以外、1万~2万円する車検代行料などをまるまる安くできるユーザー車検のメリットは大きいでしょう。

平日しか車検場は開いていない

一方、ユーザー車検にはデメリットもあります。まず、自分で車検日時を予約して、自分で車検場に行かなくてはならないことです。予約はネットから行えますが、平日しか車検場は開いていないので、平日仕事な人は休みをとる必要があります。

さらに、持ち込んだ車が車検を通らなかった場合、修理したうえで車検を受け直す必要があります。車検場の近所には、そうした際の応急処置を行う業者もありますが、1日3回失敗すると別な日に再チャレンジです。

こうした心配は、整備工場に依頼すればありません。それでは、整備工場を選ぶ際は車検費用を安く抑えるために、どのようなところを選べばよいのでしょうか。

車検絵費用は認証工場の方が安くなる

自動車の整備工場には、大きく分けて「指定整備工場」と「認定整備工場」の2種類があります。簡単に言えば、指定整備工場は車検代行ができる設備が整っているところで、認定整備工場はそれがない工場です。なお、新車ディーラーの多くは指定整備工場でもあります。

指定整備工場の場合、自社に車検設備があるため、大きな整備が必要なければ即日で車検が終わります。一方、車検設備の使用料がかかるため、費用は高め。認証工場の場合、整備工場から車検場に自動車を持ち込むため車検に時間がかかる一方、値段は安めのことが多いようです。

最後に、ユーザー車検にしても整備工場に頼むにしても、同時に行う24ヶ月点検や36ヶ月点検をサボってはいけません。自動車の不調を見逃すだけでなく、サボっていると中古で売りに出したときに値切られやすいからです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事