ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クルマ盗難被害でトヨタ車が上位を独占する理由

日本損害保険協会が2019年に発表した「第20回自動車盗難事故実態調査結果」によると、最も盗難被害に遭ったクルマとして、レクサスが初の1位になりました。それまで4年連続1位だった「プリウス」を抜いて、前年の4位からジャンプアップしています。そして、クルマ盗難ランキングは上位をトヨタ車が独占しているのです。


クルマ盗難被害でトヨタ車が上位を独占する理由

クルマ盗難でレクサスは部品狙い

クルマ盗難ランキングで初の1位となったレクサスは「特にSUVのLXとRXが海外でも需要があり、高級車であるためにパーツが非常に高く売れるようです。バラして部品狙いの盗難が多いのでしょう」と、カーセキュリティショップ・コンプリート代表の雑賀氏は言います。

クルマ盗難ランキング2位のトヨタ・プリウスは「大衆車なので車体自体には価値が無く、もっぱらリチウム電池のバッテリーが狙われているようです」とのことです。

いずれにしても、スマートロックを導入する最新の車両はリレーアタックやコードグラバーで狙われやすいとか。便利なはずのキーレスエントリーの普及が、高級車狙いにつながっているようです。

クルマ盗難ランキング3位のトヨタ・ランドクルーザーは「現行の200系が狙われやすい。SUVは海外でも需要が高く、パーツ狙いだろう」とのことです。

クルマ盗難でハイエースが狙われる

クルマ盗難ランキング4位のトヨタ・ハイエースは、2016年は2位、2017年は3位と盗難されやすいクルマトップ5に入り続けています。その理由を自動車輸出業の男性はこう分析します。

「東アフリカなどで、ハイルーフに改造したハイエースをバスの代わりに使っている国はたくさんあります。サスペンションが頑丈なハイエースはロールが少なく、でこぼこ道でも横転しにくいので重宝されているようです」といいます。

そのためパーツも需要が高く、日本で盗難されたハイエースは現地の事故車にパーツを移植されるケースが多いとか。車体を3分割され、スクラップ状態絵で輸出されるそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事