ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗難車が海外へ「密輸出」された驚きの手口とは

中古車の輸出では、車検証と引き替えに発行される「輸出抹消仮登録証明書」をチェック。盗難車は輸出先の国で登録できないようにして密輸出を防いでいます。しかし、2018年に輸出システムの盲点を突いた方法で、盗難車を密輸出していた窃盗団が大阪府警に逮捕されました。その手口を見てきましょう。


盗難車が海外へ「密輸出」された驚きの手口とは

盗難車の密輸出にダミーの激安中古車

盗難車を密輸出した方法は、輸出の行程を巧みに利用したものでした。窃盗団は、まず正規の輸出を装うための激安中古車をコンテナに搭載して横浜税関で通関します。

通関を受けたコンテナは船積みまでの間、コンテナヤードと呼ばれる港湾部にある保税地域に保管されます。激安中古車はダミーで、途中でコンテナから出して盗難車とすり替え。コンテナは正規の輸出品として船積みされ、海外へと運び出されたのです。

とはいえ、保税地域には輸入手続が済んでいない貨物、つまり関税がかかっていない状態のコンテナもあるため、関税法によって厳重に管理されています。また、保税地域は昼夜を問わず稼働しているので人目が多く、盗難車を持ち込んでコンテナの中身をすり替えるのは不可能です。

盗難車とコンテナヤードですり替える

税関の保税地域は港湾部にあり、輸出まで1か月間の留め置きが可能。そうなると敷地が足りなくなるため、近隣に民間のコンテナヤードが存在しています。

窃盗団は、激安中古車として通関を受けたコンテナを民間のコンテナヤードに移動。そこで積み荷の激安中古車と盗難車をすり替えたのです。中身をすり替えたコンテナは海外へと送り出されます。

この密輸出事件は、通関後に積み荷を入れ換えるという前代未聞のケースとして話題になりました。それと同時に、ハコ屋と呼ばれる大阪の自動車窃盗グループと、盗難車を保管&運搬していた茨城のグループがあり、自動車窃盗が分業化され、広域化していることが分かったのです。

なお、盗難車はパキスタン・イラク・UAEなどに送られて、正規輸入車両として扱われていたそうです。しかし、正規の「輸出抹消仮登録証明書」が無い中古車を、どのようにして登録するのかは不明です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事