ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パーツに解体された「盗難車」向かう国はどこ?

毎年発表される盗難車ランキングで「ハイエース」が常に上位に入る理由は、中古市場でも価格が落ちにくい車種であるだけではありません。とくに海外で絶大な人気があるため、窃盗団によってハイエースの盗難車が途上国に輸出される事件が後を絶たないからです。はたして、ハイエースの盗難車はどこに向かうのでしょう。


パーツに解体された「盗難車」向かう国はどこ?

盗難車を輸出して登録するのは難しい

「盗難車」ではなく正規に中古車を輸出する場合、輸出業者は中古車を陸運局に届けて、輸出抹消仮登録証明書を発行してもらいます(廃車済みのクルマは輸出予定届出証明書)。この証明書は、自動車検査証(車検証)と交換するものなので、盗難車に発行されることはありません。

この証明書を元に、通関業者は中古車の車体番号を確認。中古車をコンテナに荷詰め(バン詰め)して通関手続を行い、船積みします。中古車の輸出には全長約12mの「40フィートコンテナ」が使われるのが一般的。この中に中古車4~6台と大量のパーツを詰め込んで輸出されます。

輸出業者は、通関業者が発行したコンテナの引き替え証となる船荷証券(B/L)・輸出抹消仮登録証明書・インボイスを現地のバイヤーに送付。現地バイヤーは船荷証券と中古車を引き替え、輸出抹消仮登録証明書でクルマを現地登録します。中古車を輸出する手続きを見る限り、盗難車を輸出して登録することは至難の業です。

盗難車が組み立てられ他国へ流れる

とはいえ、盗難車を分解してパーツとして輸出する場合は話が違ってきます。パーツを輸出する際には1点1点詳細を記す必要がありますが、パーツには個体番号が無いので、盗難品との区別がつかないからです。

現在、右ハンドル車の輸入ができる国は極めて少数。主に左側通行のニュージーランドやUAE(アラブ首長国連邦)です。そして、日本の中古車やパーツの多くはUAEに向かいます。UAEには日本の中古車を専門に売買する街があり、ここを経由してアフリカ諸国などに再輸出されるのです。

実際、UAEのパーツ店では前後を切断された日産・R34GT-Rを発見。パーツとして輸出されたとしては、程度が良好であまりにも不自然でした。車体を前後に切断すると、溶接してもクルマ本来のボディ剛性は取り戻せません。しかし、UAEではこの状態からクルマを起こしていくといいます。

エリア内には左ハンドル化工場や修理工場、そしてパーツ店が多数あって、なんでもできてしまう状態です。パーツとして運ばれてきた盗難車が組み立てられて、他国へ流れていく可能性も否定できないでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事