ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗難車はハーフカットされてパーツで輸出される

自動車盗難の被害に遭う場所で圧倒的に多いのが、自宅の屋外駐車場です。次いで多いのは、契約の屋外駐車場となっています。そして。盗まれた自動車は形を変えて海外へ運ばれていくのがお決まりのルート。そこで使われている手法が、車体を半分に切断する「ハーフカット」です。パーツには個体番号が無いので盗難車と区別がつきません。


盗難車はハーフカットされてパーツで輸出される

盗難車は正規ルートでは輸出できない

盗難された自動車は、正規ルートで海外へ輸出できません。仮に盗難車を持ち出せても、現地で登録(ナンバープレートを付ける)できない国際的なシステムになっています。

自動車を道路で走らせるためには、その国の関係機関に登録し、ナンバープレートの交付を受けなければなりません。交付に必要なのが公的書類で、日本では車検証(自動車検査証)が該当します。

このため、車検証が無いとクルマとしての価値がないのも同然です。正規の輸出業者は、買い付けた中古車を陸運局と呼ばれる地域の自動車検査登録事務所(車検場)に届けて、輸出抹消仮登録証明書を発行してもらいます(廃車済みのクルマは輸出予定届出証明書)。

この証明書は車検証と引き替えに発行されるので、盗難車は即座に発覚する仕組みです。この証明書を元に、通関業者は中古車の車体番号を確認し、不正がないかをチェックした上で、中古車をコンテナに積み込みます。

盗難車を分解してパーツにして輸出

輸出業者は通関業者が発行したコンテナの引き替え証となる船荷証券(B/L)・輸出抹消仮登録証明書・インボイスを、現地のバイヤーに航空便で送付。現地のバイヤーは船荷証券とコンテナを引き替えて通関し、輸出抹消仮登録証明書でクルマを現地登録します。

たとえ盗難車を密輸入できても、輸出抹消仮登録証明書が無ければ登録はできません。このように中古車輸出の手続きを見れば、盗難車を海外に持ち出すのは極めて困難です。

しかし、盗難車を分解してパーツにすると話は違ってきます。パーツには個体番号が無いので、盗難品との区別がつきません。そこで行われるのが、車体を半分に切断する「ハーフカット」やダッシュボードで切る「ノーズカット」というわけです。

■「自動車盗難」おすすめ記事
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
リレーアタックに続く「コードグラバー」とは?
コードグラバーによる最新クルマ盗難の手口とは

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事