ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

現役トップクラスの音質はソニー「ICF-M780N」

自宅や屋外の受信で使えるAM/FMポータブルラジオは、年々その製品数が減少傾向にあります。そんな中、ソニーのポータブルラジオ「ICF-M780N」はシンプルでオーソドックスなラジオで、AM/FMラジオ放送とラジオNIKKEIの受信に対応しています。現役トップクラスの音質を誇るポータブルラジオの性能を見ていきましょう。


現役トップクラスの音質のソニー「ICF-M780N」

ICF-M780Nは中波最強機の後継機

ソニーのポータブルラジオ「ICF-M780N」を、少し前に製造が終了した中波最強機ともいわれる「ICF-EX5MK2」と並べてみると、どことなく雰囲気が似ています。正式なアナウンスこそありませんが、ラジオNIKKEIが受信できるところといい、ICF-EX5MK2の後継機として作られたのでしょう。

音質は抜群で、低音から高音までレンジが広く、豊かな音が鳴ります。現在発売されているラジオの中で、間違いなくトップクラスといえるでしょう。本体サイズに十分な余裕があり、また、電源も容量の大きな単2形乾電池を使用しているため、スピーカーをはじめとする音響設計に無理が無いのです。

一方、感度をはじめとする受信性能も全般的に高く、特にAM波はICF-EX5MK2よりも遠方局をつかまえやすいと感じる場面がありました。ICF-M780Nには同期検波も搭載されていませんし、選択度もそれほど高くないはずなのですが、とてもきめ細かく、1つ1つの音が際立って聞こえる音質のおかげで、音声を聞き取りやすいのです。

ICF-M780Nは「ごく普通」ながら非凡

ICF-M780Nの受信感度はFM波についても同様で、目的の局の電波が弱く、「サー」というノイズが気になるような場面でも、音声とノイズがしっかりと分離して聞こえます。

特別なストーリーこそ無いものの、1つ1つの性能を積み重ねていくことによって弱点を消し、「ごく普通」でありながら非凡なラジオへと昇華させた1台です。

ICF-M780Nの受信周波数はAMラジオ放送531~1710kHz(9kHzステップ)/FMラジオ放送76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)/ラジオNIKKEI3925kHz、6055kHz、9595kHz(第1放送)、3945kHz、6115kHz、9760kHz(第2放送)です。

サイズ/重さは253W×136.3H×61.2Dmm/1,060g、ロッドアンテナは全長72.5cmで5段式となっています。電源は単2形乾電池×3本、AC100V内蔵電源で、主な付属品はAC100V電源コードです。製造国は中国。実勢価格は10,400円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事