ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均アイテムでループアンテナを自作してみた

AMラジオの遠距離受信といえば「ループアンテナ」が必需品。ループアンテナとは導線をループ状にしたアンテナです。このループアンテナを100均アイテムで自作して、AMラジオの快適受信に挑戦してみましょう。受信機についないでAMラジオを受信してみると、NHKラジオ第1がしっかり聞けるようになりました。


100均アイテムでループアンテナを自作してみた

ループアンテナ自作のための計算式

ループアンテナとは導線をループ状に巻いたアンテナのこと。ループが大きいほど感度が上がります。ループアンテナはループの中にラジオを入れれば、配線の必要はありません。電磁誘導でバーアンテナと電気的につながるからです。

ただし、バリコンをリード線の末端に接続して、同調を取る必要があります。バリコンとはバリアブルコンデンサのこと。静電容量を変えることができる電子パーツです。バリコンのダイヤルを調整することで、受信したいラジオ周波数を最大感度にします。

ループアンテナの巻数は「f=1/2π√LC」という式で、バリコン最大容量(C)と受信周波数(f)から導き出せます。今回は、千石電商で購入した260pFのバリコンを使用。受信周波数はAMラジオ放送の下限である530kHzで計算します。1辺が約60cmのループだと導線は11巻・約40m分が必要です。

自作ループアンテナに100均アイテム

ループアンテナを自作するための主な100均アイテムは、長さ90cmの丸棒3本と約50mのワイヤー入りビニールヒモ、トイレ用ブラシケースです。ブラシケースをループアンテナの土台に使用します。

ループアンテナの製作は、まず丸棒を十字に固定。外周に1cm間隔でビニールヒモを通す穴12個を電動ドリルで開けます。うち1個は誘導用コイルに使用するものです。

そこにビニールヒモを通してループを構成。長い導線の両端はバリコンにつなぎます。1番内側の周は誘導用コイルなので独立させ、ビニールヒモをねじってラジオに巻きつけてください。

さっそく、自作したループアンテナでAMラジオを受信してみます。場所は雑居ビルの非常階段、受信機はAMラジオが不得手なアイコムの「IC-R6」です。ループアンテナの向きを変えて、次にバリコンを調整。すると、全く聞こえなかったNHKラジオ第1がしっかり受信できるようになりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事