ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイワのポケットラジオのベストバイはどれだ?

ポケットラジオは、どこへでも気軽に持って行ける相棒です。人気があるので、各メーカーから多数のモデルが発売され、選ぶのは大変。だからこそ、ベストな1台に出会えた時の感動は、計りしれないものがあります。ラジオに力を入れているアイワからはキャラクターの異なる3機種のポケットラジオが同時期に発売されました。


アイワのポケットラジオのベストバイはどれだ?

アイワのポケットラジオは2020年発売

「アイワ」は1951年6月に愛興電気産業として設立。1959年10月に、ブランド名のアイワ株式会社に社名変更しました。しかし、2002年12月に会社はソニーと合併。アイワブランドは継続しましたが、2008年5月にはソニーがアイワブランドの終了を発表したのです。

そして、2017年2月に十和田オーディオがアイワブランドを取得。2017年4月にはアイワ株式会社が設立されました。アイワブランド復活以来、ラジオとCDラジカセを積極的に展開しています。

アイワのポケットラジオは、2020年10月に「AR-AP35」が発売。2021年2月にはデジタル表示の「AR-AP35」とイヤホン専用機の「AR-AP40」を加えて、ラインアップを固めました。

アイワ復活を感じるポケットラジオ

ちなみに、型番の後半のアルファベット「AP」はアナログポケット、「DP」はデジタルポケットの意味。実勢価格は、AR-AP35が1,280円。AR-AP35は1,980円、AR-DP35は1,980円です。この中からアイワのポケットラジオベストバイを選びます。

選局がアナログ針式であっても、スピーカーが内蔵されていなくても、透明で臨場感のある音を聞けば、誰もがポケットに入れて出かけたくなる「AR-AP40」がアイワのポケットラジオのベストバイです。

高い基本性能はもちろん、デザインのセンスからスイッチ類の配置や操作性まで、35シリーズとは別格。ラジオは情報ツールであると同時に、楽しさや夢を与えてくれる存在です。

単なる国内メーカーではなく、AV機器メーカーとしてのアイワ復活の“のろし”を感じられるポケットラジオなのです。(文/手島伸英)

■「アイワ」おすすめ記事
「アイワ」ブランドのラジカセが完全復活した!
アイワが発売した国内向けBCLラジオの中身は?

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

■「アンテナ」おすすめ記事
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事