ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3千円ちょいで買えるアイワ「高コスパ」ラジオ

2017年に「AIWA」ブランドが復活して以来、ラジオとCDラジカセを積極的に展開しているアイワ。そんなラジオに力を入れているアイワのAM/FMラジオはいずれも1000~4000円台の低価格帯とリーズナブルな価格設定ながら、高性能な製品を揃えています。そんなアイワのラジオで、音質と操作性のバランスに優れた1台を紹介しましょう。


3千円ちょいで買えるアイワ「高コスパ」ラジオ

細部まで作り込まれたアイワのラジオ

アイワのラジオ「AR-A10」は、大きなボディに長めのアンテナを搭載しており、AM/FM波ともに受信感度は高めです。弱電界エリアでのFM受信時、アンテナの位置によって受信状況が大きく変化するケースもありますが、ベストポジションを見つけてしまえば大丈夫。モノラル専用のため、不快なステレオ分離ノイズとも無縁です。

全体的に聞きやすい音で、スピーカーのサイズも85㎜と大きいため、低域から高域まで無理のない音が再生され、1日中つけっぱなしで聞いていても疲れしらずです。それでも音質が気になる場合は、ソフトとクリアの2段階で調整できます。

操作系は動線に沿って配置されており、頻繁に使うダイヤルは大きく、あまり使わないダイヤルは小さくなっています。チューニングダイヤルだけは側面に配置され、指が滑らないよう粗めの溝があるなど、細部まで作り込まれているのです。

アイワのラジオは驚異的な電池の持ち

選局してみると、ダイヤルの操作が内部のギアでかなり減速されており、細かいチューニング操作はAV機器メーカーとしてのアイワにはお手のもの。DSP独特の「周波数の合わせにくさ」もかなり改善されています。

ACコードを本体に直結して使える上、トランス内蔵で電源まわりのノイズにも強く、自宅で使うラジオに必要な要素はすべて搭載。単1形乾電池×3本で350時間(14日間)という驚異的な電池の持続時間も他の追随を許しません。

受信周波数はAMラジオ放送(530~1600kHz)、FMラジオ放送(76.0~108.0MHz)で、アンテナは6段ロッド式(全長610mm)です。サイズ/重さは210W×148H×63Dmm/680g。実勢価格が3,300円とコスパに優れた、ポータブルラジオの決定版です。(文/手島伸英)

■「アイワ」おすすめ記事
「アイワ」ブランドのラジカセが完全復活した!
アイワが発売した国内向けBCLラジオの中身は?

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?
ソニーの手回しラジオの品切れが続いている理由

■「アンテナ」おすすめ記事
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事