ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ

SANGEANは台湾(中華民国)のオーディオメーカー。2015年に発売された「ATS-405」は、SANGEANで初めてDSPを搭載したBCLラジオです。日本ではマイナーな製品ですが、そこは台湾製。操作性や品質は、高い評価を受けています。台湾発BCLラジオの使用リポートを紹介しましょう。



スポンサーリンク
台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ

BCLラジオの性能は侮れない

SANGEAN最上位機種の「ATS-909X」は、実勢価格が36,800円の高級機。基本性能だけではなく質感、操作性、表示の見やすさなど、どれを取っても非常に優れています。BCLラジオとしての性能は侮れません。

そして、ATS-405は2012年頃に登場した中位機「ATS-404」の後継機。ソニーの「ICF-SW7600GR」を意識したデザインとなっています。

縦方向に10段伸びるシグナルメーターはICF-SW7600GRにはない機能。直感的に受信レベルが理解できます。3段階の選択ができるAM受信帯域(バンドワイズ)の表示も分かりやすく、ディスプレイの視認性はトップクラスです。

BCLラジオの遠距離受信

音質は定評あるオーディオメーカーのプライドを感じさせるもので、DSP処理にもかかわらずスッキリして聞きやすい印象。さらに本体側面のスイッチで音質を3段階切り替えられるのも珍しい仕様です。

ATS-405にはソフトミュートとチューニングミュートの動作をON/OFFできる機能があります。チューニングミュートをOFF設定にすると、弱い信号が聞きやすくなります。BCLラジオの遠距離受信をしたい時にはマストな設定です。

惜しむらくは、選局ダイヤルがないこと。アップダウンボタンで周波数を送っていくほかありません。実勢価格は16,800円です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「BCLラジオ」おすすめ記事
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
BCLラジオにも中華ラジオの波が押し寄せている
中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880

■「中華ラジオ」おすすめ記事
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ラジオ録音に電子ブックも搭載した中華ラジオ
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事