ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機

DEGENの「DE1103」は、昨今の中華ラジオブームの中心となった定番中の定番です。愛称の“愛好者3号”の呼び方の方が耳慣れている人が多いかもしれません。「DE1103-DSP」は2015年にDSP搭載モデルとして復活を遂げたBCLラジオ。さっそく、BCLラジオとしての性能を使用リポートします。



スポンサーリンク
中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機

中華BCLラジオが心を鷲づかみ

DE1103は高性能と低価格を武器に、このクラスで最も売れた中華BCLラジオ。デジタル表示なのに、アナログ的な演出を見せるバンドバータイプの大型ディスプレイが、日本中の受信マニアの心を鷲づかみにしました。

DE1103は2006年頃に登場し、惜しまれながらも2014年に製造が終了。そして2015年にDSP搭載モデルとして復活を遂げたのが、この「DE1103-DSP」です。

このBLCラジオは中身だけをDSP回路に入れ替えただけのようで、サイズ、機能、操作手順などは全く同じ。なにしろ、ボディに印字された型番も“DE1103”のまま。まさに中華クオリティなのです。

BCLラジオのDSPモデルの受信音

外観からは新旧モデルの区別がつきません。しかし、よく見るとスピーカー部分に貼ってあるシールに「美国原装DSP数字接収芯片」(アメリカ製DSPチップ搭載)と印字されていますから、シールが貼られていれば区別はできます。

ところが、音質は相当違います。DSPモデルのBCLラジオはデジタル処理の影響を受け、明らかに機械的な処理が受信音に反映されている感触です。音質は好みが分かれるところです。とはいえ、中華ラジオの進化を支えているのがDSPです。受け入れざるを得ないでしょう。

DSPモデルの実勢価格は12,800円。DE1103の実勢価格は最盛期で7,000円前後、末期には9,800円程度でしたので、DSP化して3割ほど値上がりしてしまったのが惜しいですね。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「BCLラジオ」おすすめ記事
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
BCLラジオにも中華ラジオの波が押し寄せている
台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880

■「中華ラジオ」おすすめ記事
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ラジオ録音に電子ブックも搭載した中華ラジオ
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事