ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

モバイルSuicaに現金でチャージする2つの方法

スマホにSuicaを内蔵してアプリから使う「モバイルSuica」。カード式Suicaと違い、クレジットカードからいつでもチャージできるため、チャージ残高不足に悩む心配もなく便利です。とはいえ、何らかの事情から現金でチャージしたいとき、普通の券売機ではチャージできません。何か方法はあるのでしょうか。


モバイルSuicaに現金でチャージする2つの方法

モバイルSuicaも現金チャージに対応

JR東日本の「モバイルSuica」は、スマホ内蔵のICカード機能を使うタイプのSuicaです。チャージやSuicaグリーン券の購入は、専用アプリをダウンロードしアプリ上から行う仕組みで、登録したクレジットカードまたは銀行口座から引き落としとなります。

駅の券売機を使わずモバイルSuicaアプリでチャージするため、携帯電話がつながる場所であれば全国どこでもチャージ可能。これが、交通系ICカードのなかでモバイルSuicaが圧倒的に便利といわれる理由でもあります。

とはいえ、クレジットカードが利用限度額を超えてしまった、といった事情などで現金でモバイルSuicaへチャージしたい、といったケースも当然考えられます。意外と知られていませんが、モバイルSuicaにはこうしたユーザー向けに、現金でチャージする方法が用意されているのです。

モバイルSuica現金チャージ方法2つ

モバイルSuicaの現金チャージ方法は2つあります。1つはチャージ対応の店舗に行って手続きをするものです。対応しているのは、JR東日本のキオスクや駅ビル、そしてセブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンといったコンビニです。

こうした対応店舗では、レジの店員に「チャージしたい」と告げてモバイルSuicaとチャージ分の現金を手渡すと、レジを使いチャージ作業を行ってくれます。また、セブン-イレブンの場合は同社のデビットカード「nanaco」用のチャージ端末を使い、現金チャージを行うことも可能です。

そして、2つめの方法はJR東日本の駅にある、モバイルSuica対応のチャージ専用機から行うというもの。すべての駅に設置されているわけではありませんが、Suicaを置いてチャージを行うタイプの機種の場合、モバイルSuicaもカード式Suicaと同様の操作で、現金チャージを行うことができます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事