ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「タッチでGo!新幹線」で割高になってしまうケース

乗車券や特急券なしで、SuicaをタッチするだけでJR東日本の新幹線自由席に乗れる「タッチでGo!新幹線」は、急に新幹線に乗ることになった時に便利です。さらに、3月14日からは運賃・特急料金分でJRE POINTも貯まるようになりました。一方で、割引サービスが廃止になり、割高になってしまうパターンもあるのです。


「タッチでGo!新幹線」で割高になってしまうケース

タッチでGo!新幹線の200円割引が廃止

「タッチでGo!新幹線」は、東北・上越新幹線の自由席について、東京駅~上毛高原駅・那須塩原駅間について、Suicaだけで乗車できるサービスです。切符の予約や購入の必要がなく、運賃・特急料金はSuicaのチャージ残高から引き落とされる仕組みで、お手軽に新幹線自由席を利用できるようになります。

そして、2020年3月14日からはタッチでGo!新幹線の利用分についてもJR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」のポイント対象になりました。還元率はモバイルSuicaの場合は2%、カード式Suicaは0.5%と、これまでの在来線利用やSuicaグリーン券利用と同じ割合になっています。

ポイントが貯まる分、タッチでGo!新幹線はこれまで以上におトクになったように思えますが、実はそうとも限りません。というのも、タッチでGo!新幹線にはこれまで利用区間の運賃・特急料金の合計から200円の割引があったのですが、3月14日以降はこの割引が廃止にされてしまったのです。

タッチでGo!新幹線が割高になる理由

タッチでGo!新幹線を利用した場合の運賃は、新幹線分と在来線分は別にSuicaから引き落とされる仕組み。例えば、新橋駅~宇都宮駅で利用すると、東京駅~宇都宮駅の新幹線自由席料金を含んだ4490円と新橋駅~東京駅の運賃140円がかかります。

一方、普通に切符を買った場合には、JRの運賃特例により山手線内どの駅からでも宇都宮駅までの運賃は同じ。運賃・特急料金の合計は4490円で済みます。つまり、タッチでGo!新幹線を利用すると、東京駅~新橋駅の運賃分だけ割高なのです。

2020年3月13日までは、タッチでGo!新幹線には200円割引が存在したため、精算方法による割高分が吸収されていました。しかし、この割引がなくなったことにより、新幹線発着駅同士の利用以外では割高になるケースが増えているのです。

ちなみに、JR東日本のWebサイトでは、タッチでGo!新幹線利用で割安になる例として蒲田駅~宇都宮駅という例を挙げています。このパターンが割安になるのは、山手線の運賃特例に加えて東京駅~蒲田駅の運賃がより安い「電車特定区間」で計算されることが大きな理由です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事