ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通系ICカードでSuicaが使えない路線はある?

2001年にSuicaが登場してから今年が20年目にあたります。その間に、全国各地の鉄道・バスでICカードの導入が進み、「SuicaエリアでICOCAが使える」といった相互利用も進んでいます。そこで、Suicaが1枚あれば全国各地の鉄道・バスに乗れそうにも思えますが、実は交通系ICカードは導入していてもSuicaが使えない路線もあるのです。


交通系ICカードでSuicaが使えない路線はある?

多くの交通系ICカードは片利用できる

数ある交通系ICカードのなかでも、JR東日本の「Suica」、JR西日本の「ICOCA」など10種類のカードについては、現在は「全国相互利用サービス」対応です。このため、SuicaエリアでICOCAで乗車、逆にICOCAエリアでSuicaを利用することが可能。乗車だけでなく、券売機でのチャージも行えます。

一方で、各地では全国相互利用サービス対象とならない交通系ICカードも発行されています。例えば、北海道の札幌市内とその近郊を走る地下鉄やバスで使える「SAPICA」、ことでんグループの鉄道・バスで利用可能な「IruCa」といったものがそれです。

こうした交通系ICカードは、全国相互利用サービスの対象路線で使うことができません。しかし、多くの交通系ICカードシステムは、「片利用」と呼ばれる逆パターンの乗車には対応。例えば、SAPICA対応路線にはJR北海道発行のKitaca、あるいはSuicaなどの全国相互利用サービス対応カードで乗車可能です。

独自の交通系ICカードは割引がセット

しかし、なかにはSuicaやICOCAなどで乗車することができない交通系ICカードシステムも存在します。例えば、福島交通のバス路線で使える「NORUCA」、富山地方鉄道が発行する「ecomyca」といったものです。

これらの交通系ICカードシステムでは、ICカード利用による割引がセットになっていることがほとんど。ecomycaであれば、富山市内中心部のバス料金が30円割引になるほか、市内電車を乗り継ぐ際に追加料金がかからないといったサービスが用意されています。

とはいえ、全国相互利用サービス対応カードが使えない路線は年々減少。最近では、沖縄県のモノレール・バスで使える「OKIKA」が片利用の導入の検討をスタート。2020年3月16日から、モノレールのゆいレールが先行して片利用のサービスを開始しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事