ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JR東日本以外が発行する独自Suicaは何が違う?

「Suica」といえば「JR東日本で使うもの」というイメージが強いですが、実はJR東日本以外にも独自のSuicaを発行している路線が存在します。ひとつはJR東日本が大株主の東京モノレール、もうひとつはJR埼京線と相互乗り入れをしている東京臨海高速鉄道です。これらの会社が発行するSuicaは何が違うのでしょう。


JR東日本以外が発行する独自Suicaは何が違う?

モノレールSuicaとりんかいSuicaとは

「Suica」にはJR東日本のものとは別に、東京モノレール発行の「モノレールSuica」、東京臨海高速鉄道発行の「りんかいSuica」の2種類があります。なお、その他のSuica対象路線のうちニューシャトル・富士急行・伊豆急行・ゆいレールについてはJR東日本発行のSuicaを使用しています。

同じ「Suica」と名前が付いていることから、モノレールSuica・りんかいSuicaとも現金をチャージして鉄道・バスに乗る基本的な部分はSuicaと同じ。また、JR東日本が行っているポイントプログラム「JRE POINT」についても、モノレールSuica・りんかいSuicaを登録してポイントを貯めることが可能です。

しかし、いくつかのSuicaサービスについてはモノレールSuica・りんかいSuicaが非対応。そのひとつが、モノレールSuica・りんかいSuicaではJR東日本の鉄道路線への乗車では、JRE POINTを貯められないことです。

独自SuicaはJR東日本でポイントなし

JR東日本発行のSuicaであればモバイルSuicaが2%、カード式Suicaが0.5%の乗車ポイントが貯まるため、その点でモノレールSuica・りんかいSuicaのおトク度は下がります。また、ビューカードを利用したオートチャージについても、モノレールSuica・りんかいSuicaは対応していません。

一方で、定期券に関しては東京モノレール内のみの区間であればモノレールSuica、東京臨海高速鉄道区間のみの区間であればりんかいSuicaでないと利用不可。JR東日本発行のSuicaに定期券を追加することができません。両路線の沿線に住み定期券が必要な人は、これらSuicaの利用が必須といえます。

ちなみに、JR東日本発行のSuicaを利用するニューシャトル・富士急行・伊豆急行・ゆいレールについては、ニューシャトルは無条件にSuica定期券を追加できますが、富士急行・伊豆急行はJR路線と連続している場合のみ定期券が利用可能。ゆいレールではSuica定期券は利用できないので注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事