ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通系ICカードは鉄道・バスほか「船」も乗れる

SuicaやICOCAなどの交通系ICカードは、いまでは鉄道や路線バスのほか新幹線やタクシーにも乗車できるようになり、東京周辺であればSuica1枚持っていればたいていの場所へ移動できるようになりました。それでは、陸上ではなく空を飛ぶ飛行機や海を走る船はどうでしょうか。飛行機はいまのところ無理ですが、船であれば乗れる航路があるのです。


交通系ICカードは鉄道・バスほか「船」も乗れる

東京・お台場への船はSuica利用可能

交通系ICカードで乗船できる船舶会社は、全国に6社存在します。ひとつは、東京湾内を走る東京湾観光船の定期便で、浅草・日の出・お台場・浜離宮・有明の各乗船場がSuicaやPASMOなどの交通系ICカード対応です。ただし、乗船場でチャージはできないので事前チャージしておく必要があります。

そしてもうひとつが、新潟港と佐渡島を結ぶ佐渡汽船の各路線で、PiTaPaを除く全国相互利用対応の交通系ICカード9種類が利用可能です。ただし、支払えるのは人の乗船料金のみで、自動車や自転車その他の航送料金は対象外。また、乗船場ではチャージができないため要注意です。

広島県の宮島口と宮島を結ぶ航路については、JR西日本・宮島松大汽船の2社が就航していて、いずれも交通系ICカードの利用が可能。全国相互利用対応の交通系ICカード10種類のほか、広島地区で広く使われているPASPYでの支払いも可能ですが、自動車・自転車等の航送料金は利用対象外となっています。

桜島フェリーも交通系ICカード対応

さらに、鹿児島市の鴨池港と桜島を結ぶ桜島フェリーは、全国相互利用対応交通系ICカード10種類と、鹿児島県内の交通機関で利用できる「RapiCa」・「いわさきICカード」に対応しています。桜島フェリーについては、全国で唯一自動車や自転車等の航送料金も交通系ICカードで支払い可能です。

また、鹿児島県内でいわさきグループが運行している鹿児島~垂水・種子島・屋久島といった各航路についても、同社発行の交通系ICカード・いわさきICカードが利用可能です。いわさきICカードには、チャージ時に金額に応じて10~15%の割り増しがあるため、お得に利用できます。

交通系ICカードが利用可能な航路は、長距離フェリーなどと違い比較的、短い航路であることが特徴です。また、鹿児島と種子島・屋久島を結ぶ路線以外は1日複数便が就航しており、予約なしで乗る乗船客が多いという点からも、交通系ICカードとの相性がよいといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事