ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaを内蔵した新方式「地域連携ICカード」とは

栃木県の宇都宮地区で来春発行される交通系ICカードの名前が「totra(トトラ)」と発表になりました。このカードは、宇都宮地区で使える交通系ICカードとJR東日本のSuicaを両方内蔵した新方式の「地域連携ICカード」の第一号としても注目されています。この新しい地域連携ICカードとはどのような仕組みなのかを見ていきます。


Suicaを内蔵した新方式「地域連携ICカード」とは

地域連携ICカードが開発される背景

「地域連携ICカード」とは、JR東日本が発行するSuicaに各地の交通機関で利用する機能を追加したもので、2018年に同社とシステムを共同開発するソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ・JR東日本メカトロニクスから発表されました。

地域連携ICカードが開発される背景には、各地の鉄道・バス会社が行っている割引サービスの存在があります。とくにバスの場合、回数券で利用する人が多い一方、交通系ICカードで回数券機能を実現しようとした場合、これまではSuicaなどと別に独自のICカードを発行する必要がありました。

例えば、福島県の福島交通が発行する「noruca」の場合、定期券を追加しないカード自体が「回数券」と呼ばれていて、1000円で1100円分チャージされる仕組みです。福島交通に限らず、独自のICカードを利用する多くの鉄道・バス会社は割引サービスを受けられるものがほとんどです。

地域連携ICカードはSuicaが機能拡張

鉄道・バス会社が独自の交通系ICカードを採用する場合、割引サービスなどを自由に設定できる一方で、そのためのシステム開発に多額の費用が必要です。地域連携ICカードは、この開発費用を抑えるための仕組み。Suicaを機能拡張することで、Suicaと各地域交通カードの両方を内蔵できます。

利用者にとっても、地域連携ICカードであれば地域交通機関の独自割引サービスが受けられるだけでなく、全国相互利用対応ICカードで乗車可能な鉄道・バス会社ではSuicaとして使えるというメリットがあります。また、コンビニなどのショッピングでもSuicaとして利用できます。

地域連携ICカードの導入をいち早く決めたのが、栃木県の宇都宮地区でバスを運行する関東自動車・JRバス関東で、2021年春からサービス開始を予定。カードの名称も「totra」と発表され、2022年春に開業する宇都宮ライトレールとあわせて3社共通で利用できる交通系ICカードとなる予定です。

また、岩手県の岩手県交通も2021年春スタートの予定で地域連携ICカードの導入を準備中。岩手県北自動車と八戸市営バスも、2022年春に2社共通の地域連携ICカードのサービス開始を発表しています。

北東北では、現在JR東日本路線も含めて交通系ICカードがほぼ使えませんが、今後交通系ICカードの導入が加速するかもしれません。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事