ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRに乗らずとも「モバイルSuica」持つべき理由

スマホにインストールして交通系ICカードとして使う、JR東日本の「モバイルSuica」は、カード式Suicaとくらべて発行枚数が9分の1程度と、いまだ普及が進んでいない状況です。しかし、モバイルSuicaはカード式Suicaと比べておトク度が高いことは意外に知られていません。しかも、JR東日本を乗らなくてもメリットがあるのでした。


JRに乗らずとも「モバイルSuica」持つべき理由

モバイルSuicaのチャージ還元率1.5%

JR東日本が発行するスマホ内蔵Suicaは、Suica専用アプリを利用するものと、Apple PayやGoogle Pay、Mizuho SuicaといったSuica専用アプリなしで利用するタイプに分けられます。このうち、よりおトク度が高いのがSuica専用アプリをインストールし、ビューカードと組みあわせて活用する方法です。

というのも、ビューカードを利用してモバイルSuicaにチャージする場合、JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」が1000円につき15ポイント貯まるからです。JRE POINTは、1ポイント=1円でSuicaへチャージして使えるため還元率は1.5%となり、クレジットカードとしては高い還元率の部類に入ります。

さらに、カード式Suicaの場合はSuica・PASMO対象エリアの券売機でしかチャージが行えませんが、モバイルSuicaであれば携帯電話がつながる場所であれば全国どこでもチャージ可能。九州や四国などJR東日本路線から遠く離れた場所であっても、ビューカードからモバイルSuicaへチャージを行い、交通系ICカード対応のコンビニやレストラン、ガソリンスタンドなどで利用可能です。

鉄道利用はモバイルSuicaを使わない

JR東日本のポイントを貯めても、JR東日本路線を利用しないとポイントの使い道がないのでは…と考える人もいるかもしれません。しかし、モバイルSuicaに関してはその心配も無用です。貯まったJRE POINTは、WebサイトやスマホのSuicaアプリを利用して、全国どこからでもSuicaチャージに充てることができるからです。

とはいえ、モバイルSuicaで鉄道・バスに乗車する場合は、SuicaエリアでないとJRE POINTは貯まらず、定期券も利用できません。そのため、JR東日本路線から離れた場所でモバイルSuicaを活用する場合、鉄道・バスへの乗車ではSuicaを利用しない方が有利になるケースが多くなります。

例えばJR西日本のICOCAエリアには、乗車区間・時間帯により最大50%分ICOCAポイント還元が受けられる「時間帯指定ポイント」というサービスがありますが、モバイルSuicaは対象外。このため、JR西日本路線に乗る際はICOCAを利用した方が断然おトクといえます。

なお、モバイルSuicaへのチャージで1.5%還元となるビューカードは、JR東日本系列の株式会社ビューカード発行分のみで、その他各社との提携カードは対象外です。例えば、ANA VISA Suicaの場合、モバイルSuicaチャージ分へのVポイントによる還元率は0.5%となるので注意が必要です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事