ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

南京錠のスペアキーを紛失したら空き缶で複製!

南京錠のスペアキーは保管しておいたつもりが紛失…というケースはよくあるもの。そんな時は何度でも再生できる空き缶を、南京錠のカギにもリサイクルしてしまいましょう。空き缶で複製したカギは紙のように薄いものの、しっかり南京錠のピンを押し上げて解錠が可能です。


スポンサーリンク
南京錠のスペアキーを紛失したら空き缶で複製!

南京錠のカギのDIY自体は簡単

空き缶を使った南京錠のカギのDIY自体は簡単。ポイントになるのは素材の強度です。おすすめはプルタブが付いた食品の缶詰め。ホールトマトやシーチキン缶に多いタイプです。もう1つは、缶コーヒーに多い細いスチール缶の底部分。なお、同じスチール缶でも胴部分の素材では強度が足りず解錠できませんでした。

空き缶を使った南京錠のカギ複製は、まずは型取りから始まります。型取りの手法が2通りあり、道具が揃う方でOKです。

1つはカギをコピー機を使った型取り。アウトラインが出る面を下向きに置いて、コピー機でキーを複写します。カギがプリントされた紙をハサミで切って型を取るというわけ。ギザギザの部分を丁寧に処理するのがコツです。

南京錠のカギを囲むようにカット

もう1つはライターを使った型取り。ライターでカギの形が出ている面を炙ります。表面に黒いススが発生するのでセロテープを貼ってススを転写。黒くなった部分がカギの形や凸凹を示しています。

南京錠のカギの型を取ったら、型を空き缶に貼ります。今回はホールトマトのフタを使用しました。型取りした紙、もしくはススを転写したセロテープを貼ったら、型に沿ってハサミでフタを切っていきます。

カギを囲むようにカットしてから、細部を調整して出来上がり。南京錠のカギ穴にゆっくりと挿し込みます。根元まで挿して軽くひねると、ポンとシャックが外れて解錠成功です。

■「南京錠」おすすめ記事
ダイヤル式南京錠は道具不要で開錠できる危険性
南京錠の鍵をエコ複製するなら空き缶を再利用
南京錠の鍵複製に適した素材はスチール缶のフタ

■「錠」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
車の鍵紛失を自分で解決するロックアウトツール
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事