ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁チケットが貼られる直前に戻るとどうなる?

以前の駐車違反取り締まりは、警察官がカギ付きの駐禁ステッカーを取り付け、違反者を警察へ出頭させるスタイル。それが現在には、駐車違反を確認すると駐禁チケットを貼り付けて、出頭することなく違反金を払うスタイルに変わっています。もし駐禁チケットを貼る直前に車に戻るとどうなるのでしょう?


スポンサーリンク
駐禁チケットが貼られる直前に戻るとどうなる?

駐禁チケットを印刷するまでの流れ

現在の取り締まりは駐車違反を現認した後、ナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」を払わせるスタイルに変更。加えて、現認部分を民間委託することにして、2006年6月にスタートしたのが駐車監視員制度です。

駐車監視員による駐車違反の取り締まり手順は、運転者などがいないことや除外標章や許可書がないことを確認して違反内容を認定。車種の確認をすると、証拠写真として違反状況とナンバープレートのアップを撮影します。

続いて、駐車場所の町名、番地、道路号線を確認して、車種やナンバー、違反態様を入力端末へ打ち込んだのちに見取り図を作成。3~5分の規定時間の経過を待って駐禁チケットを印刷するという流れになっています。

駐禁チケットの貼り付けると成立

そして、駐禁チケットを車両フロントガラスに貼り付けをもって確認業務が成立。貼り付け後には、運転席側の駐禁チケットを3枚目の証拠写真として撮影するというのが駐車違反の取り締まり手順です。

このように、駐車違反が成立するのは駐禁チケットの貼り付けるタイミング。逆に、その前に戻ることができればセーフということになります。実際、駐禁チケットの印刷準備中にドライバーが戻り、そのまま走り去る光景も目撃されています。

なお、駐車監視員は「違反状況」と「ナンバー」と「駐禁チケットが貼られたクルマ」の3枚を証拠写真として撮影します。このうち、どれか1枚でもかけていると証拠不十分として免除になる可能性もあります。とはいえ、放置車両は取り締まりの対象。交通の妨げとなる違法駐車はやめましょう。

■「駐禁」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事