ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反は警察に出頭せずに違反金だけ支払う

以前はよく目にしたカギ付きの駐車違反のステッカー。2006年に駐車違反の取り締まり制度が変わってからは、カギ付きではないステッカーが貼られるようになりました。しかし、相変わらず駐車違反ステッカーを貼られると警察に出頭する人もいるようです。



スポンサーリンク
駐車違反は警察に出頭せずに違反金だけ支払う

駐車違反の取り締まりは駐車監視員

以前の駐車違反の取り締まりは、駐車違反している車両にカギ付きの駐車違反ステッカーを取り付ける方式でした。ステッカーを外すために警察署へ出頭させ、違反キップを切るというシステムです。

それが2006年から駐車監視員制度がスタート。駐車違反をしている車両を見つけたら、駐車違反ステッカーを貼り付け。ナンバーから判明する車両の持ち主に「放置違反金」を支払わせるシステムになりました。

ポイントは、駐車違反の違反者を出頭させるのではなく、違反車両の持ち主に新しいペナルティを課すことにしたこと。そして、駐車違反している車両を確認する駐車監視員に委託したわけです。

駐車違反の違反金に違反点数も付く

駐車監視員制度では、警察へ出頭しなくてもクルマの持ち主として放置違反金を払えば駐車違反の手続きは終わります。違反キップは切られず違反点数も付きません。

ところが、そうとは知らずに出頭し、放置違反金で終えるチャンスを捨ててしまった人が当初は結構いたようです。警察に出頭してしまうと自分が駐車違反したことを認めることになります。

出頭してもしなくても駐車違反の違反金を払うことに変わりはありません。しかし、警察に出頭してしまうと、違反金を支払う上に駐車違反の違反点数も付けられてしまうのです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。(文/今井亮一)

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事