ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ツイッター検索で特定のユーザーに絞り込む方法

ツイッターなどのSNSが普及し、誰でもプライベートなつぶやきをしたり、画像や動画を気軽にアップできるようになりました。それゆえ、大量な情報量で検索もひと苦労。ここでは、ツイッター用の便利な検索演算子と検索テクニックを紹介しましょう。延々とスクロールして探すのは、これで卒業です。


ツイッター検索で特定のユーザーに絞り込む方法

ユーザー名でツイッター検索する

ツイッター上のツイートの中から有益な情報を得るには、単純なワード検索だけでは困難です。Webブラウザ検索と同様、ツイッターでもさまざまな検索演算子が用意されています。それらを駆使することで、検索の精度や利便性を高められるのです。

例えば「from:ユーザー名」とツイッター検索すると、当該ユーザーがつぶやいたワードのみが表示されます。また、画像や動画を検索するには「filter検索」が便利。「ワード filter:videos」と検索すると、動画が検索されます。「videos」を「images」に変更すると、画像が表示されます。

日時を指定するには「untill検索」です。「ワード until:日時」で、その日までにつぶやかれたツイートが表示されます。

当該ユーザー宛てのツイッター検索

当該ユーザー宛てのリプやメンションを表示するツイッター検索なら「to:ユーザー名」です。「@ユーザー名」にすると、ユーザーのツイート・ユーザー宛てのリプ・メンションが表示されます。

検索言語を限定するツイッター検索なら「lang:言語コード」です。英語は「en」、日本語は「ja」などと入力します。また、GoogleなどのWebサイトを検索する時と同様、AND検索やOR検索を使うのも便利です。

「ワード AND ワード」で指定したワードをすべて含んで検索できます。「ワード OR ワード」で、複数のワードのいずれかを含んで検索。「”フレーズ”」でフレーズが完全一致したツイートが検索されます。これらを組み合わせて、効率よく検索しましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事