ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均で見たら即買い「USB扇風機」で暑さ対策

猛暑のシーズンが到来します。暑さに備え用意しておきたい100均グッズが小型のUSB扇風機。オフィスに置いて活用している人も多いでしょう。しかし、せっかくの小型の扇風機を屋内だけで使うのはもったいないところ。屋外へ持ち出し、さらに一工夫加えることにより、炎天下の熱中症対策に効果を発揮します。


100均で見たら即買い「USB扇風機」で暑さ対策

100均USB扇風機は夏場の売れ筋商品

夏場になると100均ショップの売れ筋商品となるのが、小型の扇風機です。乾電池を使用する製品もありますが、USBケーブルから電源をとるタイプも販売されています。こちらの場合、USB充電器に接続することで、電池切れを心配することなく扇風機からの風で涼むことができます。

とはいえ、小型で持ち運べる扇風機であれば、電源コンセントがない場所でも活用したいところ。そこで、スマホ用に使うモバイルバッテリーとUSB扇風機をつなぎ、電源がない屋外で携帯用の扇風機として活用するのです。

用意したのは、ダイソーが300円で販売している「扇風機(デスク用)」という製品。デスク用となっていることから、台座付きで角度調節も最大30度まで対応しています。全高が約19cm、重量は約150gなので、持ち運んで使うのにも充分なコンパクトさです。

100均USB扇風機にモバイルバッテリー

さっそくスマホ用のUSB充電器に接続。電源ボタンを押した回数で風量が変わる仕組みで、3段階に風量を調節可能です。本体箱に書かれた仕様によると、最大風量時に流れる電流が800mAとあるので、1A以上の給電に対応するモバイルバッテリーであれば使えそうです。

実際に手元にあった1A対応のモバイルバッテリーにUSB扇風機をつないでみたところ、最大風量でも問題なく動作しました。これなら、コンセントのない屋外でもUSB扇風機が使えます。

しかし、これだけでは37度以上の猛暑のときはやや不十分。というのも、扇風機から送られる風の温度が体温以上になってしまい、ある程度効果はあるものの、あまり涼しくならないのです。そこで、もうひとつ100均グッズを追加することで、より涼しくなる方法があります。


100均USB扇風機と濡れタオルの組合せ

屋外での熱中症対策として知られているのが、首に濡れタオルを巻くというもの。これは、直射日光を避けるとともに、濡れタオルの水が蒸発する際に熱を奪い、体を冷やしてくれるためです。

ここで濡れタオルに風が当たればあたるほど水の蒸発スピードが上がって、より冷却効果が高まるのです。そこで、100均ショップでタオルを購入。水で濡らし首に巻いた上で、100均USB扇風機で風を当ててみると効果はてきめん。普通に扇風機を使ったときと比べ、はるかに首回りを冷やしてくれます。

夏場のスポーツ観戦や屋外イベントでは、それほど動かなくても暑さだけで体力を大きく奪われます。熱中症予防の水分・塩分補給に加え、100均のUSB扇風機と濡れタオルが、さらなる暑さ対策に効果を発揮します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事