ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

単3充電池の性能を100均とメーカー品で比較した

乾電池を買うときは、どうせ使い捨てだから100円均一ショップで買うという人は多いはず。しかし、何度も繰り返して使う「単3充電池」となると、メーカー製と比べて性能が心配で購入をためらう人がほとんどでしょう。そこで、100均の単3充電池を長期間使い続けて、メーカー製とどれだけ性能が違うのか試してみました。


単3充電池の性能を100均とメーカー品で比較した

単3充電池を100均とメーカー品で比較

今回、長期使用したのは、ダイソーとセリアの100均単3充電池です。それと、パナソニックの「eneloop」「EVOLTA」と東芝の「IMPULSE」を比較してみました。ダイソーとセリアの容量は1,300mAhのみですが、パナソニックと東芝の充電池は950~2,500mAhまで各3種類ずつの容量タイプで展開しています。

単3充電池の特徴として、容量が大きいほど充電可能回数は少なくなります。1,000mhA程度の小容量タイプは約5,000回、1,900mhA程度の標準容量タイプは約2,100回、大容量タイプは約500回です。

これは、容量が大きいタイプは充電回数に比例して内部抵抗の上昇値が早く上がり、充電回数が少なくなるため。ちなみに、ダイソーの単3充電池「ReVOLTES」とセリアの「VOLCANO-VZ」には、充電可能回数は明記されていませんでした。

単3充電池の充電回数は意外に短かった

そして、100均の単3充電池を使い続けたところ、充電回数200回あたりから満充電にならない現象が発生。消費電流が大きい機器ではすぐ出力低下を起こすようになりました。そして、240~255回の範囲で充電器の充電不能ランプが点滅するようになったのです。

東芝IMPULSE(1,900mAh)の場合、330~350回で満充電状態にならず、410回~440回で充電不能ランプが点滅。やはりメーカー品の充電池の方が長持ちします。とはいえ、公称充電回数は約2,100回なので、実際には意外と短いものです。

また、100均単3充電池は、メーカー品と比べて自己放電が高いという傾向も見られました。充電完了日から1か月以上経過しての使用は、再充電が必要になります。充電回数が少なく、自己放電も高いとマイナス面が目立ちますが、そうはいっても1本100円という価格は魅力的。満充電200回が限界と割り切れば十分に優秀でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事