ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗難車をパーツにバラして輸出するルートと手口

中古車輸出の手続きを見れば、盗難車をそのまま海外に持ち出すのは極めて困難です。しかし、盗難車を分解してパーツにすると話は違ってきます。パーツには個体番号が無いので、盗難品との区別がつかないからです。「ハーフカット」や「ノーズカット」と呼ばれる、盗難車を切断して海外へ輸出するルートと手口を見ていきましょう。


盗難車をパーツにバラして輸出するルートと手口

盗難車を分解してパーツにする手法

盗難車はそのまま海外に輸出されるわけではありません。盗難車を分解してパーツにするという手法がとられます。パーツを正規に輸出する際は、どのクルマのどのパーツを何個輸出するのか、1点1点詳細を記して通関しなくてはなりません。

コンテナに積み込んだ(バン詰めした)中古車の隙間に、パーツを入れる程度なら少数ですが、コンテナの中身がすべてパーツになった場合、その数は膨大になります。

それは盗難車の車体を半分に切断する「ハーフカット」やダッシュボードで切る「ノーズカット」が行われ、パズルのようにより多くの部品をバン詰めするから。同じ輸送費を払うなら、1つでも多くのパーツを送りたいのです。

一般的に中古車の輸出に使われるのは、全長約12mの「40フィートコンテナ」。40フィートコンテナは、ワイヤーで吊り下げることで乗用車5~6台の積み込みが可能。そして隙間という隙間にパーツを押し込むことは多々あるのです。

盗難車のパーツから再生された日本車

こうした、大量の盗難車のパーツのバン詰めは、どこで行われているのでしょうか。横浜港や川崎港からの出港であれば、国道16号線以北に多い自動車解体屋。パーツの供給元で積み込むのが効率がいいからです。

ヤードと呼ばれる自動車解体屋は、騒音対策や倒壊防止のため、敷地を高いフェンスで囲っています。このため、中で何をしているのか外部からは見えません。この環境が、盗難車を保管・解体して輸出する温床になっているといわれています。

盗難車のパーツの多くが輸出されているといわれているのが、UAEのドバイです。ここには中古車特区「DAZ」があり、クルマの輸出入に関する規制が緩く、関税もありません。

さらにはパーツ店も多く、パーツからクルマを組み上げたり、左ハンドル仕様に改造したりする工場もあります。こうして盗難車を分解したパーツから再生された日本車が、ここから他国へと輸出されていくわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事